ムッシュ ムーのチーズコラム 【チーズプラトー】:チーズクラブ

ムッシュ ムーのチーズコラム チーズをもっと楽しもう ムッシュ ムー:村山 重信

村山重信

村山重信 プロフィール
チーズプロフェッショナル協会 名誉会長
フランスチーズ鑑評騎士の会 日本支部 専務理事
チーズオフィスムー代表
1999年 フランス農事功労省「シュヴァリエ」勲章を授与
2010年 コンパニョン・ドノール・サントュギュゾン騎士号 叙勲

海外のチーズの楽しみ方

ミルクのあるところにチーズあり!

牛、山羊、羊、水牛、チベットのヤク、アラブ地域ではラクダ(ムーは食べたことありませんが)、かつてフィンランドではトナカイの乳のチーズもあったようです。その名残でしょうか?トナカイをモチーフにしたパッケージのチーズが存在しています。
このようにその地に適応した動物の乳は、チーズに姿を変え、現在も生活の大切な食糧になっています。乳は傷みが早いですが、チーズにすることで長期保存が可能です。スイスのスブリンツは100年も大丈夫!と現地で聞いたことがあります。セミハードタイプハードタイプのチーズは生きて行くための大切な糧なのです。

続きを見る

チーズコラム バックナンバー