くるくる「6P」くるくるろっぴー

この作品を動画で見る

難易度:(大人と一緒に作ろう)

印刷:
シェア:

ゴムの力を利用(りよう)して、くるくる早く回せるよ。

使うもの(つかうもの)

ボタン

  • ○牛乳パック(1000ml)1こ、(500ml)1こ

    ※紙パックはあらって、かわかしておく。

  • ○6Pチーズの空き箱2こ

  • ○竹ぐし2本

  • ○大小のプーリー(滑車)1こずつ

  • ○はり金8cm

  • ○太い輪ゴム(わゴム)1こ

  • ○ストロー1本

  • ○ペットボトルのフタ1こ

  • ○はさみ、またはカッター

  • ○接着剤(せっちゃくざい)

  • ○セロハンテープ

  • ○千枚通し(せんまいどおし)、またはキリ

注意
(ちゅうい)
はさみやカッター、千枚通し(せんまいどおし)やキリなどをつかう時は、ケガをしないようじゅうぶん注意してください。

作り方(つくりかた)

ボタン

  • 1

    牛乳パック1000mlと500mlは、上下にはり合わせます。

  • 2

    図のしめす部分(ぶぶん)に、それぞれ竹ぐしを通す穴(あな)を開けます。

  • 3

    6Pチーズの箱2こは、フタと底を接着し、それぞれの中心(ちゅうしん)に、竹ぐしをとおす穴を開けます。

  • 4

    ペットボトルのフタの中心に、穴を開けます。
    (穴が大きくなりすぎないように、注意(ちゅうい)しましょう。)

  • 5

    ストローは1.5cmを2こ、3cmを2こ、それぞれ切っておきます。

  • 6

    〈A〉の穴に竹ぐしを通します。
    表側(おもてがわ)には、1.5cmのストローを通して、
    〈3〉を1つ通して、接着(せっちゃく)します。

  • 7

    反対側には、3cmのストローを通し、小さいプーリーをはめ込んで、竹ぐしに接着します。
    とびでた竹ぐしは、短く切ります。

  • 8

    〈B〉の穴にも、竹ぐしを通します。
    表側には、1.5cmのストローを通して、のこりの〈3〉を通し、〈4〉のフタをはめ込みます。
    フタがはずれないように、接着します。

  • 9

    反対側には、3cmのストローを通し、大きいプーリーをはめ込んで、竹ぐしに接着します。

  • 10

    はり金をまげて、持ち手を作ります。
    大きいプーリーの先にとび出ている竹ぐしに、しっかりと固定します。

  • 11

    2つのプーリーに、輪ゴム(わゴム)をかけます。

  • 完成

    もち手を回すと、クルクルと滑車(かっしゃ)が回ります。
    輪ゴムのかけかたで、回りかたもかわるよ!
    滑車に絵をかいたり、シールをはったりすると、より華やか(はなやか)になります。

※この工作は、東京都小平市在住の小林正人様の作品を参考にしました。