特別企画!牛乳パックを親子で楽しもう。

特別企画!牛乳パックを親子で楽しもう。

紙パックの恐竜かみぱっくのきょうりゅう

この作品を動画で見る

難易度:(大人と一緒に作ろう)

印刷:
シェア:

牛乳パックがこわーい恐竜(きょうりゅう)に変身(へんしん)!
いくつか作って、お友達(おともだち)と遊ぼう(あそぼう)!

使うもの(つかうもの)

ボタン

  • ○牛乳パック(500ml)1こ、(1000ml)3こ

  • ○ドリンクヨーグルトの容器2こ

    ※紙パックはあらって、かわかしてく。

  • ○厚紙(あつがみ)7cm×7cm

  • ○まるゴムひも7cm

  • ○はさみ、またはカッター

  • ○ホチキス

  • ○セロハンテープ

  • ○接着剤(せっちゃくざい)

  • ○千枚通し(せんまいどおし)

注意
(ちゅうい)
はさみやカッター、千枚通し
(せんまいどおし)などをつかう時は、ケガをしないようじゅうぶん注意してください。

牛乳パックの底(そこ)を切るときは、とても硬(かた)いので、大人(おとな)のひとに手伝って
(てつだって)もらいましょう。

作り方(つくりかた)

ボタン

  • 1

    頭(あたま)を作ります。
    牛乳パック500mlは、一面(いちめん)を切りとります。
    そそぎ口の白い部分も、切りはなします。

  • 2

    屋根(やね)の部分(ぶぶん)に切り込みを入れ、内側(うちがわ)におり、ホチキスでとめます。

  • 3

    胴体(どうたい)の真ん中(まんなか)に、切り込みを入れます。反対側(はんたいがわ)も同じように、切り込みを入れます。

  • 4

    〈B〉と〈C〉を、それぞれ線(せん)でむすびます。
    ギザギザに歯(は)を切ります。
    〈B〉と〈C〉をむすんだ線で、内側(うちがわ)に折りこみます。
    反対側も、同じように作ります。

  • 5

    図の2か所に、穴(あな)をあけます。
    ゴムを通して、むすびます。

  • 6

    裏側(うらがわ)に、図のように切りこみを入れ、差し込み用(さしこみよう)のタブを作ります。
    〈1〉で切りとった〈A〉を、ふたつ折りにして、タブのサイズに合わせて切り、ホチキスでとめて補強(ほきょう)します。

  • 7

    しっぽを作ります。
    牛乳パック1000ml1つを開いて、図を参考に、切ります。

  • 8

    〈D〉を三角になるように折り、セロハンテープでとめます。〈F〉のタブをホチキスでとめます。
    〈E〉も、三角になるように折り、〈D〉の先にさして、セロハンテープでとめます。

  • 9

    胴体を作ります。
    牛乳パック1000ml2つは、筒状(つつじょう)に、14cmを2つ、7cmを2つ切ります。

  • 10

    7cmの筒には、それぞれタブを差し込む切りこみを入れます。
    14cmの筒には、上から3cmの切りこみを入れます。
    片方には、下から5cmの切りこみを、2か所入れます。

  • 11

    頭のタブを、〈F〉の切りこみの差します。
    〈F〉を〈G〉にはめ込みます。

  • 12

    しっぽのタブを、もう一つの〈F〉に差し込みます。
    〈F〉に〈H〉を差し込みます。

  • 13

    〈G〉を〈H〉に、斜め(ななめ)に差し込みます。

  • 14

    厚紙(あつがみ)に、ドリンクヨーグルトの容器を接着(せっちゃく)します。

  • 15

    恐竜(きょうりゅう)が立つ、バランスの良い位置(いち)で、接着します。
    切りはなした牛乳パックののこりで、目、手、背びれを作り、はり付けます。

  • 完成