特別企画!牛乳パックを親子で楽しもう。

特別企画!牛乳パックを親子で楽しもう。

赤い牛のマトリョーシカあかいうしのまとりょーしか

この作品を動画で見る

難易度:(大人と一緒に作ろう)

印刷:
シェア:

大きな牛のお腹(おなか)にはたくさんの牛たちが・・・。
コンパクトに入れられるよ。4体飾って(かざって)おくのもかわいいよ。

使うもの(つかうもの)

ボタン

  • ○牛乳パック(1000ml)2こ、(500ml)1こ、(300ml)1こ、(200ml)1こ

    ※紙パックはあらって、かわかしておく。

  • ○手芸用の目

  • ○はさみ、またはカッター

  • ○ホッチキス

  • ○接着剤

  • ○セロハンテープ

  • ○両面テープ

  • ○油性ペン

注意
(ちゅうい)
はさみやカッターなどをつかう時は、ケガをしないようじゅうぶん注意してください。

牛乳パックの底(そこ)を切るときは、とても硬(かた)いので、大人(おとな)のひとにてつだってもらいましょう。

作り方(つくりかた)

ボタン

  • 1

    紙パック(1000ml)1こは、開いて、図を参考(さんこう)にして、足、目、おっぱい、しっぽをそれぞれ切り取ります。

  • 2

    紙パック(1000ml)1こで、1つ目の牛を作ります。残りの紙パック(1000ml)1こは、底(そこ)の部分(ぶぶん)を図のように切ります。

  • 3

    しっぽをホチキスでとめます。

  • 4

    図を参考(さんこう)に、耳を切り、かたちを整え(ととのえ)ます。
    反対側(はんたいがわ)も、同じように切ります。

  • 5

    〈1〉で切り取った足は、折れ線で折って四角くし
    テープでとめます。同じものを4つ作ります。

  • 6

    〈1〉で切り取ったおっぱいは、白い方を表(おもて)にして、図のように丸みを作り、ホチキスでとめます。

  • 7

    〈4〉に足とおっぱいを、固定(こてい)します。
    ※足ののりしろがはみ出る場合は、はみ出た部分を切ってください。

  • 8

    写真(しゃしん)を参考に、顔(かお)の形をととのえ、目を付けて、鼻(はな)を描き(かき)ます。
    ※写真(しゃしん)では、手芸用の目のパーツを使っています。

  • 9

    紙パック(500ml)1こで、2つ目の牛を作ります。
    1つ目の牛と同じように、底を切ります。
    図のように、角を0.5cmのところで切りはなします。
    反対側も同じように切ります。切り口どおしを、セロハンテープでとめて、6.5cmの四角にしますます。

  • 10

    しっぽをホチキスでとめます。

  • 11

    〈4〉と同じように耳を切り、かたちを整え(ととのえ)ます。

  • 12

    下になる面(めん)を、図のように切りぬいて、足を作ります。

  • 13

    〈8〉と同じように、顔(かお)の形をととのえ、目を付けて、鼻(はな)を描き(かき)ます。

  • 14

    紙パック(300ml)1こで、3つ目の牛を作ります。
    底を切り取り、しっぽを付けます。

  • 15

    〈11〉〈12〉〈13〉と同じように、作ります。

  • 16

    紙パック(200ml)1こで、4つ目の牛を作ります。
    2つ目の牛と同じように、底を切ります。
    〈10〉と同じように0.5cmのところで切りはなし、セロハンテープでとめます。
    しっぽをホチキスでとめます。

  • 17

    〈11〉〈12〉〈13〉と同じように、作ります。

  • 完成

    4つ目の牛を3つ目の牛のおしりから入れます。3つ目の牛を2つ目の牛に、2つ目の牛を1つ目の牛に入れると、完成です。