特別企画!牛乳パックを親子で楽しもう。

特別企画!牛乳パックを親子で楽しもう。

カートン赤ロボットかーとんあかろぼっと

この作品を動画で見る

難易度:(大人向け)

印刷:
シェア:

1本の牛乳パックが、ロボットに変身(へんしん)!このロボットは、動(うご)かしてあそぶとこわれます。いかに1本になるように見えるかで、作られています。

使うもの(つかうもの)

ボタン

  • ○牛乳パック(1L)3こ

    ※空パックはあらって、かわかしておく。

  • ○竹ぐし12cm以上6本

  • ○発泡(はっぽう)スチロールまたは、メラニンスポンジ

  • ○段(だん)ボール

  • ○ストロー1本

  • ○クリップ

  • ○ひもゴム5cm

  • ○両面テープ

  • ○はさみ、またはカッター

  • ○定規(じょうぎ)

  • ○千枚通し(せんまいどおし)

  • ○セロハンテープ

  • ○接着剤(せっちゃくざい)

注意
(ちゅうい)
はさみやカッター、千枚通し(せんまいどおし)などをつかう時は、ケガをしないようじゅうぶん注意してください。

作り方(つくりかた)

ボタン

  • 1

    牛乳パック1こは、上から1cmのところで切ります。カートンの耳のところで切り開いて、図面1(ずめん1)の通りに切ります。
    ※牛乳パックの絵柄(えがら)がずれる場合(ばあい)は、図面1~3を片身分ずらしてください。

  • 2

    残りの牛乳パック2こは、カートンの耳(重なって厚みがあるところ・のりしろ)のところで切り開いて、図面2と3の通りに切ります。

  • 3

    発泡(はっぽう)スチロールまたは、メラニンスポンジは、図面4を参考(さんこう)に切ります。

  • 4

    段(だん)ボールは、図面5を参考にカットします。図面5かくだい

  • 5

    「(1)胴(どう)」の部分(ぶぶん)に、「(3)上ぶた」と「(3)とめベロ」を、写真(しゃしん)のようにセロハンテープでとめます。
    「(3)顔」は丸くとめて、「(3)頭」の切り込みに「(3)ツノ」を通してとめます。穴(あな)は、クリップにゴムを通して「(3)上ぶた」にとめます。

  • 6

    「(3)顔+(3)頭+(3)ツノ」を「(1)胴」につけたら、「腰(こし)」の段ボールのまん中に、6cmの竹ぐしを通して、「(1)胴」に入れます。

  • 7

    写真は〈6〉の「腰」の段ボールを、「(1)胴」に入れたところです。
    上ぶたにつけた「(3)顔+(3)頭+(3)ツノ」は、動かせ(うごかせ)ます。

  • 8

    「(3)ツノ」を折り曲げて、「(3)顔+(3)頭」を「(1)胴」に、収納(しゅうのう)したところです。

  • 9

    「(1)もも」と「(2)脚(あし) 」(右の場合)の発泡スチロールと、段ボールの関節(かんせつ)の位置(いち)は、写真のようになります。

  • 10

    「(1)もも」の発泡スチロールと、かまぼこ型の発泡スチロールと、関節段ボールと、竹ぐしは、写真のように組み立てます。
    関節は、3.3cmの竹ぐしと、2cm角の段ボールで動かします。

  • 11

    「(2)脚」を四角にセロハンテープでとめます。
    「足」の発泡スチロールにみぞをほり、「(2)脚」の中にしまいます。
    写真の左はしは、ロボットを立てたときの状態(じょうたい)です。

  • 12

    〈10〉と〈11〉をつなげます。
    写真は裏(うら)から見たところです。
    関節は、両面(りょうめん)テープで2cm角の段ボールをとめ、「ひざ」の発泡スチロールに、3.3cmの竹ぐしをさして、段ボールの穴にはめます。

  • 13

    「(2)手の部品(ぶひん)」のまん中に竹ぐしを通し、こんもり型の「手」の発泡スチロールにさします。
    裏側にストローをセロハンテープでとめ、ストローの中に3.3cmの竹ぐしを通します。

  • 14

    「(2)腕(うで)」の先に〈13〉の「手の部品」を2cm角の関節段ボールと3.3cmの竹ぐしでとめます。
    「(2)腕」の発砲スチロールと「(2)肩(かた)」は、2cm角の関節段ボールと3.3cmの竹ぐしでとめます。

  • 15

    「(2)腕」の発砲スチロールと「(2)肩(かた)」は、2cm角の関節段ボールと3.3cmの竹ぐしでとめます。

  • 16

    裏側から「(2)脚」を曲げた状態です。
    かまぼこ型の「ひざ」発泡スチロールと、2cm角の関節段ボールと、3.3cmの竹ぐしで、「脚」が曲げられるようになります。

  • 17

    〈14〉の「(2)肩+(2)腕」は、はずして「(1)胴」にのせます。

  • 18

    すべてをのせたときも、牛乳パックの柄(がら)がそろっています。
    12cmの「肩」の竹ぐしは、ぬいて「(1)胴」の中にしまいます。

  • 19

    〈1〉で切りはなした〈A〉は、真ん中に6cmの竹ぐしをさします。
    「(3)刀」と「(3)刀のツカ」をテープでとめ、竹ぐしにセロハンテープでとめて、2枚の間をはり合わせます。

  • 20

    すきまに〈19〉の「(3)刀」を入れ、〈A〉の盾(たて)をかぶせたら、牛乳パックの形にもどります。
    完成。

  • 21

    ロボットにするときは、「(2)肩」を「(1)胴」の「(3)肩」の竹ぐしに差し込みます。

  • 22

    「(1)もも」と「(2)脚」を伸ばして、「足」発泡スチロールのみぞにあわせて立たせ、「(3)刀」と「〈A〉たて」を持たせたら「カートン赤ロボット」のできあがり。

※この工作は、京都府南丹市在住の林崎彩香様の作品を参考にしました。