特別企画!牛乳パックを親子で楽しもう。

特別企画!牛乳パックを親子で楽しもう。

むくむくおばけむくむくおばけ

この作品を動画で見る

難易度:(小学校低学年程度)

印刷:
シェア:

牛乳パックの中から、むくむくとふしぎな“おばけ”があらわれます。

使うもの(つかうもの)

ボタン

  • ○牛乳パック(500ml)1こ

    ※牛乳パックはあらって、かわかしておく。

  • ○折れ曲がるストロー

  • ○カサを入れるビニール袋(ぶくろ)

  • ○セロハンテープ

  • ○はさみ、またはカッター

  • ○千枚通し(せんまいどおし)

  • ○油性(ゆせい)マジック

注意
(ちゅうい)
はさみやカッター、千枚通し(せんまいどおし)などをつかう時は、ケガをしないようじゅうぶん注意してください。

作り方(つくりかた)

ボタン

  • 1

    500mlの牛乳パックの屋根(やね)を、図のように切ります。

  • 2

    側面(そくめん)の底(そこ)にちかい所に、ストローが通る穴(あな)をあけます。
    ※千枚通し(せんまいどおし)で穴をあけてから、はさみの先をねじ込んで、ぐるぐる回すと穴が広がります。

  • 3

    ビニール袋(ぶくろ)を40cmくらいに切って、油性(ゆせい)マジックで、おばけの絵をかきます。
    ビニール袋の口に、ストローの先を入れ、セロハンテープでしっかりととめます。
    ※息(いき)を吹(ふ)き込んで、空気がもれないか、たしかめましょう。

  • 4

    ストローを、牛乳パックの内側(うちがわ)から、穴に通します。ビニール袋を丸めて、牛乳パックにしまいます。

  • 5

    (1)で切りはなした屋根の部分を、セロハンテープでとめて、フタをします。

  • 完成

    ストローから息を吹き込むと、屋根を押し上げて、むくむくと“おばけ”があらわれます。いろいろな形のビニール袋で、ためしてみよう。

※この工作は、東京都小平市在住の小林正人様の作品を参考にしました。