特別企画!牛乳パックを親子で楽しもう。

特別企画!牛乳パックを親子で楽しもう。

トレーとれー

難易度:(大人と一緒に作ろう)

印刷:
シェア:

牛乳パックに布(ぬの)をはるだけで、カトラリーケースや、小物入れが出来上がります。

使うもの(つかうもの)

ボタン

  • ○牛乳パック(1000ml)1こ

    ※牛乳パックはあらって、かわかしておく。

  • ○布(ぬの)15cm×25cm

  • ○フェルト布13cm×22cm

  • ○リボン、ビーズなど

  • ○両面テープ(粘着剤がアクリル系のもの)

    ※パッケージに表記(ひょうき)されています。

  • ○はさみ、またはカッター

  • ○千枚通し(せんまいどおし)

  • ○アイロン

注意
(ちゅうい)
はさみやカッター、千枚(せんまい)どおしなどをつかうときは、ケガをしないようじゅうぶん注意してください。

作り方(つくりかた)

ボタン

  • 1

    牛乳パックを開いて、写真のように切り取り、折りスジを入れておきます。

  • 2

    内側(うちがわ)の白い面に、写真のように両面(りょうめん)テープをはり、布(ぬの)をシワにならないように、はり合わせます。

  • 3

    表(おもて)にかえして、はみ出した布を折り返して、両面テープではり合わせます。

  • 4

    写真のように、折り返した布の上から、両面テープをはり、その上からフェルトをはり合わせます。

  • 5

    布の種類(しゅるい)に合わせて、なるべく高い温度でアイロンをかけて、圧着(あっちゃく)させます。

  • 6

    4すみを、写真のように折り曲げます。千枚通し(せんまいどおし)で穴(あな)を開け、リボンを通して、結(むす)びます。
    ※写真は、ゴムのひもにビーズを通してとめました。いろいろアレンジすると、かわいいですね。

  • 完成

    スプーンやフォークを入れた、おしゃれなカトラリーケースになりました。テーブルにおいて、しゃれたディナーはいかがですか?
    牛乳パックの切り取り方を工夫すると、かわいい小物入れや、左の写真のような、ふたつきのBoxも作れます。

    ※紙パックの表面(ひょうめん)に加工されているポリエチレンは、110度で溶けます。
    アイロンをかけると、両面テープのフィルムと、紙パックのポリエチレンが溶けて、布やフェルトがしっかりとくっつき、キレイに仕上がります。

※この工作は、東京都立川市在住の小座野幸子様のアイデアを参考にしました。