特別企画!牛乳パックを親子で楽しもう。

特別企画!牛乳パックを親子で楽しもう。

紙飛行機かみひこうき

難易度:(小学校中・高学年程度)

印刷:
シェア:

牛乳パックが1こあれば、カンタンに作れます。

使うもの(つかうもの)

ボタン

  • ○牛乳パック(1000ml) 1こ

    ※牛乳パックはあらって開き、かわかしておく。

  • ○定規(じょうぎ)

  • ○はさみ

  • ○カッター

  • ○セロハンテープ

  • ○ホチキス

  • ○接着剤(せっちゃくざい)

  • ○ゼムクリップ

注意
(ちゅうい)
はさみやカッターなどをつかうときは、ケガをしないようじゅうぶん注意してください。

作り方(つくりかた)

ボタン

  • 1

    図面(ずめん)を牛乳パックにかきます。

  • 2

    それぞれのパーツをカッターで切りとります。

  • 3

    図のように組み立てます。
    胴体(どうたい)は谷おりにします。主翼(しゅよく)ののりしろと水平尾翼(すいへいびよく)は山おりにし、芯(しん)を胴体(どうたい)にはさみ、接着剤(せっちゃくざい)でくっつけます。
    5かしょをホチキスでとめます。

  • 4

    おもり部分を交互(こうご)におりこみ、セロハンテープでとめてゼムクリップをはさみこみます。

  • 5

    主翼(しゅよく)を接着剤(せっちゃくざい)ではりつけます。

  • 6

    前後のバランスをとります。
    写真(しゃしん)のように主翼(しゅよく)の中央を指(ゆび)でささえ、バランスをみます。
    ゼムクリップを移動(いどう)させて調整(ちょうせい)します。
    大きくバランスがくずれているときは、主翼(しゅよく)の位置(いち)を前後にずらしてみます。

  • 7

    機体(きたい)がねじれていないか、翼(つばさ)のかたむき、左右が均等(きんとう)かどうかを、まうしろから見てチェックします。

  • 完成

※この工作は、東京都小平市在住の小林正人様の作品を参考にしました。