チーズとワインの相性 - チーズとワイン【チーズを楽しむ・食べる】:チーズクラブ

チーズクラブ

チーズとワインの相性の基本

ワインと食事の調和をフランス語で「マリアージュ(結婚)」といいます。「ワインの最良の友はチーズをおいて他にない」とフランスではいわれているそうで、「マリアージュ」を語る上で、「ワインとチーズ」はかかせないものとなっています。
チーズとワインの相性の5大原則を覚えましょう。

1

同じ原産地のものを選びましょう

口の中で一緒に味わうチーズとワインですから、同じ原産地のもの、もしくはより近い地方の産地のものを合わせるのが原則です。これらの組み合わせを「マリアージュ」といい、だいたいは「ハズレ」がありません。

2

赤ワインがよく合います

もちろんチーズによっては白やロゼの方が合うものもありますが、どちらかと言えばチーズには赤ワインが合わせやすいと言われています。もしもどれか1本を選ぶ場合は、フルーティな赤ワインを選んでください。

3

銘醸ワインに過熟なチーズは避けてください

デリケートな香り(ブーケ)を持つ銘醸ワインには、そのブーケを損なわないようなチーズを選んでください。過熟なチーズはもちろん、あまり匂いの強いチーズではワインと合いません。

4

塩味の強いチーズには酸味のあるワインを
  合わせましょう

例えば青カビタイプのチーズのように塩味の強いチーズには、酸味のあるワインや甘口のワインがその塩味をまろやかにしてくれます。

5

脂肪分の高いチーズには渋みのあるワインを
  合わせましょう

乳脂肪分の高いチーズには、渋みのある赤ワインがおすすめ。例えば、サン・タンドレのようなクリーミーなチーズの味わいを赤ワインがよりいっそう引き立ててくれます。

このページも見てみよう!

▶チーズのタイプ別おすすめワイン

7つのチーズタイプ別おすすめワイン

7つのチーズタイプ別に、おすすめのワインのタイプをまとめてみました。ワインの銘柄まで覚えられなくても、この組み合わせさえ覚えていればお店の方に相談できますよ!

フレッシュタイプには・・

写真:カリフォルニア赤(カルロ ロッシ カリフォルニア・レッド)

● プレーン
  →辛口〜甘口の軽めの白ワイン
  →辛口〜甘口のロゼワイン  
  (オードブルには辛口、デザートには甘口)
  →スパークリングワイン

写真:カリフォルニア赤(カルロ ロッシ カリフォルニア・レッド)

▶フレッシュタイプのチーズ情報

白カビタイプには・・

写真:ボジョレー(ジョルジュ デュブッフ ボジョレー)

● 高脂肪
  →やや渋みのある赤ワイン
● マイルド
  →軽め〜中程度のフルーティーな赤ワイン
  →コクのある白ワイン
● コクの強いもの
  →コクのある赤ワイン
写真:ボジョレー
(ジョルジュ デュブッフ ボジョレー)

▶白カビタイプのチーズ情報

青カビタイプには・・

写真:ファルケンベルク リープフラウミルヒ <マドンナ>

● 白カビ+青カビ
  →軽め〜中程度の赤ワイン
● コクの強いもの
  →コクのある赤ワイン  
  →甘口の白、甘口の酒精強化ワイン
写真:ファルケンベルク リープフラウミルヒ <マドンナ>

▶青カビタイプのチーズ(ブルーチーズ)情報

ウォッシュタイプには・・

写真:ブシャール ペール エ フィス ブルゴーニュ ピノ・ノワール ”ラ ヴィニェ”

● 高脂肪マイルド
  →軽め〜中程度のフルーティーな赤ワイン
●コクの強いもの  
  →コクのある赤ワイン
写真:ブシャール ペール エ フィス ブルゴーニュ ピノ・ノワール ”ラ ヴィニェ”

▶ウォッシュタイプのチーズ情報

シェーブルタイプには・・

写真:ロス ヴァスコス ソーヴィニヨン・ブラン

● フレッシュ  
  →辛口の白ワイン、ロゼワイン
●白カビ  
  →フルーティーな赤ワイン
写真:ロス ヴァスコス ソーヴィニヨン・ブラン

▶シェーブルタイプのチーズ情報

セミハードタイプには・・

写真:ボルドー白(カステル バロン ド レスタック ボルドー ブラン)

● マイルド
  →辛口の白ワイン
● やや熟成
  →軽めの赤ワイン
● スパイス入り
  →(ビール、ウィスキー)
写真:ボルドー白
(カステル バロン ド レスタック ボルドー ブラン)

▶セミハードタイプのチーズ情報

ハードタイプには・・

写真:ビニャ マイポ レセルバ ビトラル カベルネ・ソーヴィニヨン

● 硬質
  →辛口の白ワイン
● 超硬質
  →コクのある赤ワイン(ビール)

写真:ビニャ マイポ レセルバ ビトラル カベルネ・ソーヴィニヨン

▶ハードタイプのチーズ情報

「サントリー ワインスクエア」はこちら