ワインの種類・世界のワイン産地 【ワインの基礎知識】:チーズクラブ

チーズクラブ

ワインの種類

ワインは色や、つくり方によっていろいろな種類に分かれます。

ワインは色によって、赤ワイン、白ワイン、ロゼワインに分けられます。

赤ワイン

赤ワイン
赤ワインは、黒葡萄や紫、赤などの色のついた葡萄を使い、果汁と一緒に果皮や種を入れたまま発酵させます。ほとんどの場合は辛口で、深いコクのあるタイプから軽いタイプまで、味わいは様々です。果皮からの色素、種からのタンニン等の成分を含むため、風味はより複雑になります。

白ワイン

白ワイン
白ワインは一般には白葡萄を原料とします。圧搾して得られた果汁のみを発酵させます。味わいは主に甘酸のバランスから成り、ごく辛口から甘口まで、幅広い風味を楽しめます。

ロゼワイン

ロゼワイン
赤ワイン同様、黒葡萄などを使い、葡萄の果汁、皮、種を一緒に発酵させます。発酵液がバラ色になったら、皮や種を取り除き、さらに発酵を続けます。一般に辛口からやや甘口まで。多くの場合、若いうちにのまれています。

ワインはつくり方によっても、いろいろな種類に分かれます。

スティルワイン

スティルワイン
発酵とともに生まれる炭酸ガスを除いたワインで、ワインの多くはこのタイプです。辛口から甘口までいろいろありますが、大部分は食事とともに飲むテーブルワインです。静かで泡が立たないところから“ スティルワイン” と呼ばれています。

スパークリングワイン

スパークリングワイン
発酵の際に生まれる炭酸ガスをワインの中にとどめた、泡のたつワインのことで、いろいろな製造があります。フランスのシャンパン、スペインのカヴァ、イタリアのスプマンテ、ドイツのゼクトなどが有名です。

v

フォーティファイドワイン
ブランデーなどの強い酒を、発酵の途中に加えて、発酵を止め、甘味を残したり、発酵の終わりに加えて、安定性を高めるなど、特殊な方法でつくられるワインです。ポート、シェリー、マディラ、マルサラなどがこの種類に含まれます。辛口は食前に、甘口は食後によく飲まれます。

フレーバードワイン

フレーバードワイン
スティルワインをベースに、香草やはちみつ、果汁などを加えた、独特の風味のあるワインです。イタリアのベルモットは香草系の代表、スペインのサングリアは果汁系の代表です。食事と切り離しても楽しめますが、風味によって食前や食後に適しているものもあります。

世界のワイン産地

葡萄は温暖な気候を好んで生育する植物で、世界中に分布しています。

 葡萄は温暖な気候を好んで生育する植物で、世界中に分布していますが、よいワインをつくる葡萄となると条件が限られてきます。世界の有名ワイン産地は平均年間気温が10℃から20℃の間の、夏に充分な日照が保証されるような地域に集まっています。経度でいえば北緯30 度から50 度の間、南緯30 度から40 度の間に含まれます。さらに、良い葡萄の育成には充分な日照のほかに、局部的な気候条件や地形が大きく関係します。 また生育時の多雨や多湿はいたずらに枝の生長をまねき、病気も発生しやすくなるので好ましいことではありません。水はけよい地形や土壌が求められるのです。こうした要素が絡まり合って、しかもその土地に適した葡萄の品種や栽培法のもとに、それぞれの個性のあるワインが生み出されるのです。世界のワイン地図は年々塗り替えられています。かつては、ヨーロッパの銘醸地が中心で、その土地で育っ た品種でつくったワインが主流を占めていました。しかし、最近では各国でヨーロッパ種の葡萄の導入、あるいはそれらをもとにした品種改良が盛んに行われていおり、個性的でしかも質の高いワインが続々と誕生しています。中には、カリフォルニアやオーストラリア、チリあるいは日本に匹敵する評価を得ているものもあるほどです。