2016年5月 ほのかな酸味のフレッシュチーズを楽しむ【チーズプラトー】:チーズクラブ

チーズクラブ

チーズプラトー cheese plateau

監修:山本恵美子
雪印メグミルク社員向け「チーズアカデミー」運営担当
フランスチーズ鑑評騎士会員

5

今月のプラトー

ほのかな酸味のフレッシュチーズを楽しむ

ほのかな酸味のフレッシュチーズを楽しむ

フレッシュチーズいろいろ、それぞれの個性を楽しめるアレンジに。

  • 今月の使用したチーズ
  • 使用したナイフ

今月の使用したチーズ (右上から時計回りに)

チーズの費用

  • 4品 2,000〜3,000円(時価)4〜6人向き

使用した道具(右から)

その他の材料

  • <キャロットラペ>
  • ・オレンジ
  • ・にんじん
  • ・タイム
  • ・オリーブオイル
  • ・塩
  • <シェーブル フレのトッピング>
  • ・プラムジャム
  • ・ラズベリー
  • ・ミント
  • <サンマルセランのトッピング>
  • ・グリーンレーズン
  • <セミドライいちじくとクリームチーズの包み焼き>
  • ・セミドライいちじく
  • ・アーモンド
  • ・ヘーゼルナッツ
  • ・くるみ
  • ・枝付きレーズンのカルバドス漬け(自家製)
  • ・グリーンレーズンのキルシュ漬け(自家製)
  • ・ドライ柚子ピール
  • ・ローリエ

「雪印北海道100 カッテージチーズ」は、それぞれの甘味が引き立つ相性の良いキャロットラペを合わせました。タイムを添えて。
“サンマルセラン”(牛乳製)はフランス東部に位置するローヌアルプ圏産。
ほのかな酸味が特徴である若い状態をカットしグリーンレーズンをあしらいました。彩りにタイムを添えて。
フルーティーな白ワインと合わせました。
ノンアルコールなら、ハーブティーがおすすめです。
「雪印北海道100 クリームチーズ(6個入り)」は、セミドライいちじくと合わせました。こんがり焼いてぷっくりふわふわ、トッピングにはナッツやドライフルーツをのせ味のバランスを整えて。
“シェーブル フレ”は、ミルクを固めてホエイを抜いただけの熟成させないタイプ。山羊乳製です。プラムジャムとラズベリー、ミントをあしらって。
アレンジについて

カッテージチーズとキャロットラペの組み合わせ

カッテージチーズとキャロットラペの組み合わせ

爽やかなミルクの味わいが特長のカッテージチーズは、野菜・フルーツとの相性を幅広く楽しめます。
これからの季節、見た目にも涼しげなオレンジ色のサラダを合わせました。

〜材料〜
〜手順〜
  • 1.にんじんを千切りにし、オレンジの果肉・塩・オリーブオイルを合わせる。
  • 2.皿にカッテージチーズを入れ、1)を盛り付ける。
アレンジについて

セミドライいちじくとクリームチーズの包み焼き

セミドライいちじくとクリームチーズの包み焼き

チーズと相性の良いセミドライいちじくは、こんがり焼くことでふっくらとした触感と甘味が増し、クリームチーズはほろっと口溶けが良くなり、ローストならではの味わいをお楽しみ頂けます。

お好みやシチュエーションに合わせて、洋酒に漬け込んだドライフルーツを合わせてみてはいかがでしょう。 

〜材料〜
  • 「雪印北海道100 クリームチーズ(6個入り)」
  • ・セミドライいちじく
  • ・アーモンド
  • ・ヘーゼルナッツ
  • ・くるみ
  • ・ドライ柚子ピール
  • ・ローリエ
  • ・枝付きレーズンのカルバドス漬け(自家製)
  • ・グリーンレーズンのキルシュ漬け(自家製)
〜手順〜
  • 1.セミドライいちじくを半分にカットし「雪印北海道100クリームチーズ」1/4を包む。
  • 2.トッピングにドライフルーツ、ナッツなどをのせる
  • 3.こんがり焦げ目がつく程度にトーストする。

※写真はレーズンを洋酒に漬けたものを使用していますが、そのままでもおいしくお召し上がり頂けます。