イギリス - チーズで世界旅行【チーズの産地】:チーズクラブ

チーズクラブ

イギリス

現在、チーズは世界の各地で作られていますが、その種類や食べ方は各国さまざま。そこで、各国それぞれでよく食べられているチーズや有名なチーズのエピソードなどのチーズ事情を国別にまとめてみました。
あなたがお好きなチーズはどの国のチーズ?

チーズで世界旅行トップへ

世界地図 国旗

イギリス チーズ事情

今回はイギリスにやってきました。
イギリスは比較的温和で湿潤、さらに冬暖かく夏涼しい国。この気象条件は全域に広がる丘陵地や平坦地を利用する酪農にぴったりな条件です。そのため、国土の約半分が牧場や牧草地として利用されているため、典型的な田園風景には必ずと言っていいほど牧場が見られます。それだけ牧場が多いのですから、チーズにも期待がかかります!さて、今回はどんなチーズが待っているのでしょうか?

チーズ事情

中世までは、イギリスの家畜は羊が主でした。羊毛を紡ぎ布にする技術は、世界に自慢できる産業にまで発展しましたが、ことチーズ作りに関しては南ヨーロッパより製造技術を導入しています。ですから、当初のチーズは羊乳を使ったもので小規模に作られていました。
そして、14世紀頃には、乳牛の利用が主流になってきたといわれています。その後、チーズに関する記録が残されるようになったのは16世紀後半です。
現在、イギリスでは約250万頭の牛が飼われ、1400万トンの牛乳が生産されています。その中から38万トンのチーズが生産されています。

生産量世界一!

チェダーチーズ

世界一の生産量を誇るチーズが、イギリス原産のチェダーです。それというのも、英国人は移民すると、その移民先でチーズがつくれるならば、まずはチェダーを最優先で作ってきたからです。今では「英語を話す民がいるところ必ずチェダーあり」といわれるほどで、オーストラリアをはじめ各国で作られています。英国人が持っている「我が母国のチーズこそ、我がチーズ」というチェダーへの思いは、チェダーを生産している各国の人々に共通のものといえます。
チェダーの名前は、イングランド南西部にある小さな町の名前に由来しています。大きさは直径35cm、高さ35cm、約20kgの円筒形で、もともとは農家で作られていましたが、19世紀後半には製造工程の標準化と記録表作成が確立し、大規模な工場生産化への契機となりました。
アナトー色素を加え、チェダリング、ミリングといった他のチーズとは異なった工程で作られるため、特徴ある組織ができあがり、熟成時間が長くなるほど、風味が顕著になっていくのです。
若いときには甘い香りとほのかな酸味がありますが、熟成が進むほど濃厚でシャープな風味へと変わり、さらに他のいくつかの旨みと重なりあって、奥の深い味わいとなります。身がしまり、ハシバミの実を思い出させるような独特の味わいが、英国人からチェダーを離せないものとしています。
アナトー色素で色づいたものを「レッドチェダー」と呼びますが、古来のものはアナトー色素で着色してはいませんでした。同じタイプのチーズとしては、ダービー、グロスター、ランカシャー、レスター、ダンロップなどがあります。

イギリス編 〜チーズあれこれ〜

エリザベス女王の大好物!

スティルトン

世界三大ブルーチーズの一つとして有名なスティルトンは、ロンドンとエジンバラを結ぶ幹線道路沿いの町、スティルトンの旅館で売られるようになってから有名になったと言われています。
熟成期間は6ヵ月から9ヵ月。適度の刺激とコクが持ち味で、エリザベス女王の大好物と言われています。イギリス人には特別の思い入れがあって、クリスマスにはスティルトンを銀製ポットに入れて、クリスマスプディングと一緒にプレゼントする習慣があります。ワインの他にも、ポルト酒との相性が格別です!
製法は、ホエイ除去後にスティルトンシンクという台で細断し、加塩して型詰めします。その後、反転を繰り返しながら約10日ほどで側面をきれいに作り、熟成室に置いてかびの生育を促します。直径20cm、高さ25cm、重さ5kgのものが標準的な大きさです。
また、全く同じ作り方で青かびの生育がない、ホワイトスティルトンというチーズもあります。

一番人気で一番古い!?

イギリスでチェダーより古い伝統を誇る、チェシャーというチーズがあります。エリザベス一世の時代から作られていたそうです。首都ロンドンより北東のチェスター村で作られたことから「チェスター」とも呼ばれています。製法はチェダーに似ていますが、ホエイの排出に時間を要し、脆くて粗い組織が特徴です。生産量は少ないのですが、イギリスでの人気は一番だそうです。

紅茶と一緒に食べたい!

ウインスリーディルというチーズは、もともと修道院で作られていた羊乳を使ったブルーチーズが原型で、その原料が羊乳から牛乳に代わり、さらに青かびをなくしたチーズです。ぼろぼろした組織でしっとりした白い肌をしていて、さわやかな酸味のミルク風味が特徴です。大きさは直径18cm、高さ19cm、重さが約5kgです。樫の木のチップでスモークされたものもあります。アップルパイやフルーツケーキと相性が良いので、一緒に紅茶を入れたくなりますよね。

このページも見てみよう!