内定者座談会Talk

仕事に
自分を活かす
人になろう。

乳(ミルク)に秘められた無限の可能性。
その扉を開く鍵を手渡された内定者たち。
その中から4名の内定者に、
就職活動中のエピソードを交えながら
仕事への意気込みを語っていただきました。

*本座談会は新型コロナウィルス感染症対策として、
消毒の実施と3つの密を避け、飛沫による感染を抑えるなどの
対策を講じた上で行いました。

  • 伊藤 詩織

    Shiori Ito

    技術系/
    農学専攻
    生命フロンティアコース
    応用生物化学ユニット

  • 渋谷 亮佑

    Ryosuke Shibuya

    事務営業系/
    政策学部 政策学科

  • 山口 ひとみ

    Hitomi Yamaguchi

    事務営業系/
    法学部 政治学科

  • 館野 雅博

    Masahiro Tateno

    技術系/
    工学部 電子機械学科

Q.なりたい自分はどんな人?

館野さん

「かぶらない個性で輝きたい」
自分の強みは、目標やゴールに向けて計画的に行動し、恐れ知らずであることです。やるか、やらないかで悩まず、まずやってみて、後悔することをいとわないようにしています。その長所に併せ、周囲に埋没しない“かぶらない個性”を発揮する人として成長していきたいです。

山口さん

「いつも前向きに挑戦する人」
何事にも主体性と責任感を持ち、いつも前向きに挑戦する人になりたいです。私が起こしたアクションで、子どもたちや働いている人たちを笑顔にできれば嬉しいですね。

渋谷さん

「苦難に負けない意思の持ち主」
困難や試練に直面した時、その人の意志の強さが分かると言われます。苦難に負けない人間になるために、日頃から努力を惜しまず、さまざまなことにチャレンジして、対応力を養っておきたいです。

伊藤さん

「自分で決めたことを頑張る人」
進路などの大きな選択だけでなく、今日何をするかといった小さな選択においても自ら選んだ選択を行動に移すことが大切だと思います。 たとえつまずいても、“自分で決めたこと”と肝に銘じ、決めた以上は最後まで頑張る人になりたいです。

Q.仕事ができる人ってどんな人だと思う?

館野さん

「ぶれない軸の持ち主」
自分というぶれない軸を持っている人ではないでしょうか。どんな仕事も、数ある選択肢からチームの想いをまとめ、最適解を見つけていくのでしょう。きちんと自分の考えを打ち出し、チームの想いをまとめていけば、仕事はきっといい方向に進んでいくと思います。

山口さん

「チーム力を生み出せる人」
自分ひとりで成し遂げられる仕事なんてないこと、そして個々の力が集まって生まれる推進力が大切なことを、就活中にお会いした多くの社会人の方々から教わりました。私が考える仕事ができる人は、チーム力を生み出せる人です。

渋谷さん

「仕事でも生き方でも嘘のない人」
嘘のない人は約束を守る人。ミスだって認めることができると思います。そこに生まれる信頼関係が、仕事の良し悪しを決めるのではないかと感じます。そして、自分の考えを自分の言葉で表すことも大切だと考えます。やりたいことを伝えるには、イメージや表現を工夫し、説得できる言葉で話す必要があると思います。

伊藤さん

「絶えず学ぶ姿勢を持つ人」
私は大学で、野菜の品種改良や収穫効率を上げるための基礎研究を行ってきましたが、後輩や先輩の研究意欲がとても貪欲で、その姿勢は企業の研究職の素養としても、相通ずると感じました。“絶えず学ぶ姿勢を持つ人”これが私の考える、仕事ができる人です。

Q.仕事ができる人になるには、今の自分に何が足りない?

伊藤さん

「準備力で仕事ができる人に」
結果を出せない就活に苦しみ、焦りや不安ばかりが先行していた頃がありました。乗り越えられたのは準備力のおかげです。自分に向けられる質問や疑問を整理して、明快な文章に仕立てて話すための準備。その努力が実り、面接官から「論理的ですね」と評価をいただきました。この会社で準備力に磨きをかけ、仕事のできる人として成長していきたいです。

渋谷さん

「仕事に必要な発想力」
大学のゼミで『心的資産』という研究をしました。例えば、モノやサービスの再購買には、品質や価格だけでなく、人間の誠実さや性格も重要なファクターになるんだということを学びました。また経営には発想力がなくてはならないことも教わりました。今の自分には、そういう力が不足しています。

山口さん

「人を上手く頼ること」
責任感を強く感じすぎた際、迷惑をかけたくないと思う傾向があります。サークル運営において、自分だけで悩んでいた時は上手くいかなかったことが、周囲に助けを求めたことで改善されていったことがありました。チームや組織の一員として、人を上手く頼りながら頑張っていきたいです。

館野さん

「物怖じしない気概を持たなくては!」
ちょっと大袈裟ですが闘争心のようなものが、今の自分には不足しているかもしれません。怖いもの知らずで、負けん気もあるのに、競い合いがちょっと苦手です。意見の食い違いや考え方の対立にも向かい合っていく気概を持たなくてはなりません。頑張ります!

Q.会社で活躍する自分を想像してください!

伊藤さん

「新しいロングセラー商品を開発する」
研究開発に携わってヒット商品を生み出したいです。「およそ5年が商品の寿命」と聞いたことがあるので、それを覆す新しいロングセラー商品を生み出してみたいです。健康的でかつ美味しい、機能性を備えたクリーム系スイーツなんかが最高ですね。それと、新しい乳酸菌の発見にも取り組みたいです。夢は膨らむばかり!

山口さん

「食べる意欲を育てたい」
生涯を通じて健康な生活のために、食の知識不足を解消し“食べる意欲”を育てたいです。そして、より手軽にカルシウムを摂取できる製品を作ってみたいです。例えば、忙しい現代人が片手で食べられ、なおかつお腹にもたまる、スティックタイプのヨーグルトとか。きっと今より“食べる意欲”が湧くんじゃないかしら。

渋谷さん

「安心して任せられる存在」
第一志望の会社からいただいた内定でしたから、感激も喜びもひとしおです。この気持ちを忘れずに、「渋谷に任せたら安心」と認められること。そして、誰からも愛される健康的で美味しい商品を作りたいです。雪印メグミルクの新しい看板商品です。簡単じゃないことは承知しています。でも、困難に立ち向かっていかなければ、道は開けませんから。

館野さん

「卓越した製造技術を海外で活かしたい」
生産から設備の保全まで、幅広い知識を蓄え、生産の効率化を図り、安全と安心を維持し続ける工場の設計に取り組みたいです。そして、雪印メグミルクの製造技術を、海外で活かすような業務に就いてみたいです!

Q.この会社のどこが好き?なぜそう思う?

伊藤さん

「世代を越え、社会からの信頼を得つづけるブランド」
育児用商品から高齢の方の骨づくりをサポートするサプリメントまで、世代を超えたブランドを取り揃え、とことん北海道ブランドにこだわっているところ。そして、ただ美味しいものを作るだけでなく、社会からの信頼を得つづけ、より付加価値の高い商品を生み出していくことに貢献したいです。

山口さん

「みんなで社員を育てる風土」
インターンシップに参加させていただいた際に、グループワークの順位付けを行わず、どの班にも一様に良いところを挙げてもらった事に感動しました!新入社員を皆で育てるという風土と人の良さを、私は大好きになりました。

渋谷さん

「どこよりも親身で温かな面接官!」
とにかく、学生への向き合い方がとても親身でした。面接後にはマイページにフィードバックまでしていただき、どの会社より好印象でした。なにかと緊張しがちな面接ですが、その解きほぐし方が絶妙!好きになったのは、雪印メグミルクの人の良さと温かさです。

館野さん

「優しい笑顔が忘れられません」
インターンシップや説明会を通じてお会いした人事担当者の方々をはじめ、工場で働いている社員さんも一様に皆さん明るく、活気に溢れていました。たくさんの挨拶を交わしましたが、皆さんの優しい笑顔を今でも鮮明に覚えています。

就職活動中の学生に向けてメッセージを!

伊藤さん

「自分のペースで乗り越えて!」
就活には綺麗事で済まされない面があり、泥臭い努力も時には必要です。でも振り返ればきっと、活動を通じて考えたことや得たものは自分を支える肥やしになっているはずです。自分のペースを忘れずに、美味しいものを食べてぐっすり眠り、明日の英気を養ってください。

渋谷さん

「自分のペースで頑張る」
周りの成否を気にして落ち込んだり、自信を無くしたりするのは就活の常です。大切なのは自分のペースです。自分に合う会社がきっと見つかるはず!辛い時はひとりで抱え込まず、友人や家族に頼りながら、息抜きを忘れずに頑張ってください!

山口さん

「たくさんの出会いを大切に!」
就活は、さまざまな業界や企業について知る絶好のチャンスですし、自分自身をしっかりと見つめ直す貴重な機会です。たくさんの人との出会いを大切に、就活を楽しんでください。納得のいく就職活動が出来ますように。応援しています!

館野さん

「自分で決めつけない事」
自信を持つ事。そして、他人と比較して自分の良し悪しを決めないでください。自分が嫌いなところだって、自信を持てば個性として好きになれるかもしれません。だから自信を持って堂々と就活にのぞんでください。