スキージャンプを知ろう!

ジャンプ競技とは

スキージャンプとは、飛型の美しさやバランスはもちろん、踏み切りのパワーやテクニック、恐怖に打ち勝つ精神力など、多様な要素を含んだスポーツ競技。
好んでジェットコースターに乗ってスリルを楽しむ人がいるように、極限の中で自分を見つけ、記録にチャレンジすることを望む人もいます。19世紀中頃にはノルウェーのオスロで大会が開かれ、以降ドイツに広がり、現在のような近代的なスポーツとして発展を遂げていきました。
今ではご存知のとおりオリンピックはもちろん、ワールドカップも毎年開催されるなど冬のスポーツとしてはメジャーなスポーツですが、実はサマージャンプ大会なども盛ん。日本でも「ジャンプ少年団」など、雪国では小中学生の授業にとり入れられるほど一般的なスポーツとして広がりをみせています。

ジャンプ台図解

白銀の山はだに堂々とした存在感を見せるジャンプ台。実際に近くで見ると、よりいっそうの迫力です。
スポーツ競技会場の施設として最大級を誇る、この挑戦の舞台について知っておきましょう。
ジャンプ台はその規模によっていくつかのクラスに分かれています。国内の試合では主にノーマルヒルやラージヒルが使われていますが、海外にはHS 200(K点185m)に達するモンスタージャンプ台、フライングヒルも存在します。他にも、スモールヒル、ミディアムヒルなどのクラスがあります。

スモールヒル HS(ヒルサイズ) 20~44m K点 20~40m ミディアムヒル HS(ヒルサイズ) 50~84m K点 40~75m
ノーマルヒル HS(ヒルサイズ) 85~109m K点 75~95m ラージヒル HS(ヒルサイズ) 110~184m K点 105~125m フライングヒル HS(ヒルサイズ) 185m以上 K点 145~185m

このページのトップへ