• チームについて
  • 国内・海外大会/結果
  • 月間スケジュール
  • フォトギャラリー
  • ムービー
  • 栄光の歴史
  • ゲーム

スキージャンプを知ろう!

ジャンプ用語の基本解説

アプローチ【approach】(英)

ジャンプ台のスタートゲートからカンテの部分までの助走路のことを言います。大倉山のアプローチは幅2.5m、長さは101mになります。

ジャンプ台図解へ

カンテ【Kante】(独)

ジャンプ台先端の踏み切り台のことです。大倉山や白馬のラージヒルで選手がこの位置に達したときには、時速約90kmの加速がついています。約マイナス11度の傾斜がつけられています。

K点【Konstruktions Punkt】(独)

本来は「これ以上飛ぶと危険」という意味あいを持つ、飛距離の基準点です。K-120、K-90などジャンプ台の規模を示す際にも使われています。英語では「K-Point」「critical point」など。赤いラインで示されています。

ジャンプ台図解へ

サッツ【Satz】(独)

ジャンプ競技で最も重要な動きである、ジャンプ直前の踏み切り動作のこと。ジャンプ観戦の際、「サッツの方向が少し上向きだった」などと静かに呟いてみるとちょっと「通」っぽいかもしれません。英語では「take off」。

シャンツェ【Schanze】(独)

ジャンプ台のことです。まるで当たり前のように使われている用語ですが、語源はドイツ語です。

シュプール【Spur】(独)

アプローチに掘られている、スキーの板がぴったりおさまる雪の溝のことを言います。深さは1〜2cm。木枠をはめたり、機械で掘ったりして作ります。サマーシーズンには、ノルウェー製の「セラミックレール」を設置し、シュプールにしています。

スターティングゲート【starting gate】(英)

選手がスタートする場所です。かつてはサイドからアプローチに飛び出していましたが、現在ではバーに腰掛け
て滑り降りる形式になっています。ゲートは何段かに分かれており、下から順に番号がつけられています。大倉山の場合、ゲートは50cm単位で47段あり、白馬の場合は60cm単位で、各ゲートの中間にはハーフゲート(30cm)も設置されています。

ジャンプ台図解へ

スペシャルジャンプ【special jump】(英)

「スキージャンプ競技」のこと。「コンバインド競技」と区別するためにこう呼ぶ場合があります。

テストジャンプ【test jump】(英)

大会が開始される前に、その大会に出場しない選手に飛んでもらうことです。アプローチの状態や風の具合を計るために行います。

テレマーク【Telemark】(独)

着地するときに定められた姿勢のことです。両足を前後に開いて腕を左右にあげます。高い飛型点を得るためには、選手は着地後15m以上この体勢を維持しなければなりません。起源としては、かつてドイツのテレマーク地方の少年たちがこのようなポーズをとったため、と言われているようです。また、広義としては「踵を固定しないスキースタイル」の意として使われています。
コンバインド競技で「テレマーク」と言った場合、クロスカントリーの際に足を前後に開いて滑る技術のことを意味する場合もあります。

転倒ライン【fall line】(英)

飛型点採点のために白線で示されているラインです。このラインを過ぎた後で転倒しても飛型点の減点対象にはなりませんが、このラインより手前で転倒(手をついた程度でも転倒扱い)し、転倒ラインまで達してしまうと最大で10点の減点になってしまいます。

バッケンレコード【bakken record】(ノルウェー+英)

バッケンとはノルウェー語で「丘」の意。公式記録として残る、そのジャンプ台の最長不倒距離のことを言います(バッケンをスキーの金具のドイツ名からとしている解説もあるようです)。白馬ジャンプ台なら岡部選手と原田選手が長野五輪で出した137.0m。大倉山ジャンプ台なら2005年大倉山ナイターで金子選手(東美)が出した145.0mがバッケンレコードです(2005年12月現在)です。宮の森ジャンプ台は1997年宮杯で西方選手が出した100.0mがバッケンレコードでしたが、その後、ジャンプ台が改修されましたので、このバッケンレコードは消滅しました。

HS(ヒルサイズ)【Hill size】(英)

踏み切り台の先端から安全に着地できる目安となる地点までの距離のことで、国際スキー連盟がジャンプ台のサイズを表すために、2005年ウィンターから導入しました。ジャンプ台の規模を示す従来のK点(建築基準点)までの距離と併記されます。

ジャンプ台図解へ

P点【Punkt】(独)

プント、標準点のことで、青いラインで示されています。大倉山では、カンテから100m地点となっています。

ジャンプ台図解へ

ブレーキングトラック【breaking track】(英)

選手が着地し、その後減速、停止するための部分です。ブレーキングゾーンとも言います。

ジャンプ台図解へ

V字ジャンプ【V-style】(英)

平成4年にFISのルール改正により正式に認められた飛行フォームです。投影面積が増すために揚力アップがはかれるとして一般化しました。このV字フォームで最初にジャンプしたのは、スウェーデンのボーグレブ選手。1988年のシーズンのワールドカップで通算5勝をあげています。

ランディングバーン【landing Bahn】(英+独)

選手が着地するところです。

ジャンプ台図解へ

ランディング【landing】(英)

選手が着地する行為のこと。飛行機の場合も同じ言葉を使いますね。

ワールドカップポイント【world cup point】(英)

試合ごとに1位から順に高いポイントをつけていき、ワールドカップ最終戦が終了した時点での総合ポイントで優勝が決められます。

大会結果へ

このページのTOPへ

  • ジャンプ競技のイ・ロ・ハ
  • ジャンプ競技とは
  • ジャンプ台図解
  • ルール解説
  • スキージャンプのルール・点数編
  • スキージャンプ競技の流れとルール
  • いろいろな試合の形式
  • おもな国際大会
  • ジャンプ競技用語集
  • ジャンプ用語の基本解説
  • ワンポイントコラム
  • ジャンプを見に行こう
  • ノルディック複合
ジャンプ台紹介
  • スキージャンプを知ろう!
  • ジャンプ台紹介
  • 応援掲示板
  • ファンレターの宛先取材等に関するお問い合わせ
  • 雪印メグミルクスキー部栄光の歴史