CSRの取組み

調達に関する取組み

「雪印メグミルクグループ調達方針」に基づき、公正な取引、人権・環境などの社会的責任と持続可能性に配慮した上で原材料などの調達活動を推進していきます。また、お取引先様の取組み内容についても定期的に調査を実施しています。

雪印メグミルクグループ調達方針

雪印メグミルクグループは、グループ企業理念のもと、「雪印メグミルクグループCSR方針」にのっとり、主体的に、企業としての社会的責任に配慮した調達活動をお取引先さまと共に推進し、豊かで、持続可能な社会の実現に貢献します。

1.法令の遵守、社会規範の尊重

  • ・ 関係各国の法令を遵守し、社会規範を尊重して調達活動を行います。
  • ・ 基本的人権の尊重、労働環境の改善等の社会的責任にも配慮して調達活動を行います。

2.品質・安全性の確保

  • ・ 高品質で安全な商品を提供するための調達活動を行います。
  • ・ 安定的かつ適正な価格で商品を提供できるように調達活動を行います。

3.公正・公平な取引の実践

  • ・ お取引先さまとは公正・公平な取引を行います。
  • ・ 調達取引に関わる機密情報および個人情報は、適正に管理します。

4.地球環境への配慮

  • ・ 私たちの基盤である「酪農」は、豊かな自然環境があって初めて成り立ちます。
    持続可能な社会の実現に貢献すべく、生物多様性を重視し、地球環境に配慮した調達活動を推進します。

紙の使用についての基本的な考え方

雪印メグミルクでは、使用する紙については、可能な限り、持続可能性に配慮したもの、および古紙を使用した再生紙を優先することとし、順次切替を進めています。商品に関わる紙容器や外装段ボールだけでなく、印刷用紙、印刷物、店頭販促資材についても取り組んでいます。
 また、雪印メグミルクは、紙の使用についての基本的な考え方に基づき、審査機関が適切な森林管理を行っている森林および流通・加工業者を審査・認証し、独自のマークを付けて持続可能な森林経営を支援している森林認証制度FSC®の認証紙を一部商品のパッケージに採用しています。

なお、2017年10月にカナダのバンクーバーで開催されたFSC®年次総会において、SDGsとFSC®の支持拡大を呼びかける宣言文である「SDGsとFSC®認証に関するバンクーバー宣言」が発表され、雪印メグミルクはその趣旨に賛同する企業として、2018年6月に署名しました。

  
FSC認証紙を使用した製品

RSPO(持続可能なパーム油のための円卓会議) への加盟

パーム油はアブラヤシの果実から得られる油脂で、近年世界で需要が急速に伸びています。そのため、農園開発がマレーシア、インドネシアを中心に大規模に行われ、多くの熱帯雨林が違法に伐採され、焼き払われたり、農園の労働者問題、特に児童労働などの温床になっていると指摘されています。
このような問題に取り組むため、2004年に認証機関RSPOが設立されました。雪印メグミルクも、健全なパーム油産業の発展を目指す趣旨に賛同し、2018年7月、RSPOに加盟しました。

※「Roundtable on Sustainable Palm Oil」の頭文字をとってRSPOと呼ばれる非営利組織。環境や人権に配慮した、持続可能なパーム油の生産と利用を促進するために設立された。パーム油産業に関連する7つのセクターの関係者(パーム油生産業、搾油・貿易業、消費者製品製造業、小売業、銀行・投資会社、環境NGO、社会・開発系NGO)の協力のもとで運営されている。

このページのトップへ