作用メカニズムについて

作用メカニズムに関する研究

モデルマウスに対する
L. helveticus SBT2171(乳酸菌ヘルベ)」
の抗アレルギー作用
の研究

論文2Yamashita et al.Funct.Foods Health Dis.
9(3),166-179(2019)

L. helveticus SBT2171(乳酸菌ヘルベ)」を経口摂取した花粉アレルギーモデルマウスに
花粉抗原を与えた場合

血液中の抗体価

アレルギー反応につながるとされる
高すぎる免疫力(抗体価)を抑制

リンパ節のTh2サイトカイン産生

過剰に生成されていた成分を抑制し、
免疫(Th1/Th2比)バランスを整える

L. helveticus SBT2171」の
想定される作用メカニズム

体内の免疫バランスを整えて、
目や鼻の不快感を緩和

免疫バランスの崩れたアレルギー状態

ハウスダスト・ダニ(アレルゲン)が体内に侵入

免疫細胞A(Th2細胞)が増殖

体内の免疫細胞のバランスが崩れる
=目や鼻が不快な状態(くしゃみ・鼻水など)

L. helveticus SBT2171
を摂取すると…?

L. helveticus SBT2171が
免疫細胞A(Th2細胞)の増殖を抑制

バランスを整え、目や鼻の不快感を
緩和する=正常状態

このページのトップへ