食ナゼ

ナチュラルチーズとプロセスチーズ

スーパーで並べられているチーズのパッケージ裏にある商品情報の『種類別』の記載をチラッと見てください。
「ナチュラルチーズ」、「プロセスチーズ」と、チーズによって記載が異なります。何が違うのでしょうか?

カマンベールやゴーダなどのナチュラルチーズは、牛や山羊や羊等の乳に、乳酸菌や凝固酵素を加えて凝固させ、そこからホエイ(乳清)の一部を取り除き、乳酸菌やカビ等の微生物で発酵・熟成させたものです。(ただし、モッツアレラなど、熟成させないタイプもあります。)

ヨーロッパでは、「チーズ」といえば「ナチュラルチーズ」のことを指します。
フランスでは、一村に一つのチーズというほど、山ごと谷ごとに村々の自慢のチーズがあります。
「カマンベール」、「ロックフォール」(青かび)もチーズが生まれた村の名前です。
日本にも様々な外国のナチュラルチーズが輸入されていますし、当社は北海道生乳を100%使用したナチュラルチーズを取り揃えています。

一方、私たちになじみの深い「雪印 6Pチーズ」や「雪印 スライスチーズ」などのプロセスチーズは、「プロセス(加工した)」という意味であり、原料となるナチュラルチーズを砕き、乳化剤を加えて加熱して溶かし、再び成型したものです。
最もおいしい味を出すために、商品によっては、数種類のナチュラルチーズをブレンドしています。
加熱により、チーズ特有の発酵・熟成が止まるので風味が一定で保存性に優れています。

つまり、「ナチュラルチーズ」は、種類の多さ、味わいの深さに魅力があり、「プロセスチーズ」は保存性に優れているという利点があります。

皆さんの好きなチーズはどちらですか?