食ナゼ

懐石料理と会席料理

どちらも「カイセキ料理」と読みます。
なにが違うのでしょうか?

「懐石料理」は、茶道のための食事の形式です。 茶席で空腹のまま刺激の強いお茶を飲むことをさけるため、お茶を味わう上で差し支えのない程度の軽食(一汁三菜)を、主人が客にもてなしたのが始まり。

もともと「懐石」とは、修行中の禅僧が寒さや空腹をしのぐ目的で温石(おんじゃく)を懐中に入れていた、という故事に由来しています。
江戸時代には、料理技術の発達とともに、茶道や料亭文化の様式を重視した「懐石料理」が完成しました。

一方、「会席」は、最初は連歌や俳諧の席の料理でしたが、冠婚葬祭に用いる儀式料理や武士が食した本膳料理などの影響を受けて次第に変化し、いまでは酒宴の席での料理をさすようになりました。
一汁三菜(吸い物・刺身・焼き物・煮物)を基本に、お通し、揚げ物、蒸し物、和え物・酢の物などの酒肴が加えられ、最後に飯・味噌汁・香の物・水菓子が供され、まさに日本式のフルコースとなりました。

いずれも、旬の素材を、器も吟味して、温かいものは温かいうちに、冷たいものは冷たいうちに、食事の進行状況を見ながら一品ずつ提供するおもてなしの料理です。

つまり、「懐石」はお茶をおいしく飲むための料理、「会席」は、お酒を楽しむための料理といえます。

今夜の晩御飯は、懐石(会席)風に和紙に筆書きの「お品書き」を添えてちょっとしゃれてみませんか。