食の歳時記
冬<2月> ふきのとう

illust/せいのすけさん

北国ではまだまだ雪深い季節ですが、その雪の下では「ふきのとう」が、春を待ちかねるように土を押し上げています。
2月10日は、「ふ(2)きのとう(10)の日」だそうです。宮城県の特産品を販売する「ふるさとプラザ」が1993年に制定しました。

春一番に採れる山菜「ふきのとう」は、野菜「フキ」のツボミです。
ツボミなので花が咲きます。その後、長い茎が伸びて、大きな葉が出てきて、「フキ」になります。

数少ない日本原産の野菜で、北から南まで日本各地で見かけることができます。
「ふきのとう」は、関東周辺の平地では2月頃からが旬になります。
ところで、「盛りを過ぎた〜」ことを「とう(薹)がたつ」と言いますが、花茎が伸びすぎて食用に適する時期を過ぎたことを意味します。

さて、「ふきのとう」と言えば、てんぷらですね。
からっと揚がったふきのとうは、ほんのりした甘さとほろっとした苦味が特徴。ビールのおつまみに最適です。
栽培されたパックものがスーパーで売られていますが天然自生のものは苦味が濃く、より春の息吹を感じる味だそうです。てんぷらのほかに、細かくきざんでお吸い物に散らしたり、ふきのとう味噌をつくって温かいごはんにのせて食べても・・・

この苦味成分アルカロイドは、消化、食欲増進を活発にしてくれます。
郊外に出かけたときなどちょっと周りに目を配ると山菜が芽を出しているかもしれませんね。春はもうそこまできています。
(MCC通信 Vol.40)
Close