食の歳時記
冬<1月> お節料理

illust/よっちゃんさん

日本のお正月の食べ物の主役は「おせち料理」。

日本の暦には、一年に5つの節がありました。
1月7日の人日、3月3日の上巳、5月5日の端午、7月7日の七夕、9月9日の重陽の五節には神様にお供え物をして、それを家族そろっていただいていました。
節ごとのお供え物「御節供(おせちく)」が語源です。

五穀豊穣と家族の安全と健康、子孫繁栄などの祈りを込めて海山の縁起の良い食材をお重につめていただくようになったのが始まり。
お正月ぐらいは、冷たい水仕事から解放してもらいたい主婦の気持ちもおおいに影響したかも知れません。

おせちを眺めて見ると、なぜか普段お目にかからない食材が、いくつかあることにお気づきのことと思います。

その代表が「伊達巻」。
江戸時代に長崎から伝えられた「カスティラかまぼこ」が原型といわれています。書画の巻物に似ていることから、学問が盛んになるように願ったといわれます。
当時、江戸の伊達者(シャレ者)が着ていたドテラに似ていたので、この名がついたとも言われています。

「栗きんとん」
黄金色に輝く財宝に見立てて、豊かな1年を願います。山の幸の栗をたいへん貴重で高価だった砂糖をたくさん使った贅沢料理でした。

「田作り」
片口イワシの小魚を天日干して甘辛く煮付けたもの。昔、田畑に、肥料として、片口イワシを撒いて田を作ったことから、この名になり、五穀豊穣を願いました。

そのほか、子孫繁栄を願った「数の子」、おめでたい紅白の蒲鉾(昔、原料は鯛)、まめまめしく無病息災に暮らせるよう「黒豆」や「お多福豆」、喜ぶの「昆布巻き」、長生きを願った「海老」、家の基礎が地中深く張って堅固になるのを願った「たたき牛蒡(ごぼう)」、出世魚「鰤(ぶり)の照り焼き」などなど・・・

ひとつひとつの食材に意味があり、庶民の「ささやかな幸せ」への願いが込められていました。

お重箱に詰めるコツは、
1. 蒲鉾などのように、詰めても形がくずれないものを先に詰める。
2 .奥から手前に詰めていく。
3 .味や香りが移らないように、仕切り(葉らんなど)や器を使う。
4 .厚みのないものは重ねて盛り、全体の高さを揃える。
5 .魚や海老などは、頭を左にする。
だそうです。

手作りのものや、市販されているものを、上手に組み合わせて、我が家流の「お節」に挑戦してみてください。

ちょっとお節料理に飽きたら、「リンゴのヨーグルトカスタードピザ」や「ミルク白玉ぜんざい」はいかがですか?
「栗原はるみミルクレシピ」は、「ごちそうのあとは和洋の手作りデザートで」です。
「リンゴのヨーグルトカスタードピザ」>>
「ミルク白玉ぜんざい」>>

(MCC通信 Vol.27)
Close