食の歳時記
冬<2月> 愛は戦争より強い!? バレンタインデーのお話アラカルト

illust/ナルさん

2月といえばバレンタインデーですね。その由来は一説によると昔、ローマ時代に、バレンティヌスというキリスト教の司祭がいました。
時の皇帝クラウディヌスは、強い兵隊を作ろうと思い、男女間の結婚を禁じていたのですが、このバレンタィヌス司祭は、「それはないだろう」ということで、ひそかに兵士たちを恋人と結婚させていたのです。
これが発覚して、司祭は処刑されてしまったのですが、その日が2月14日だったとか

で、その聖バレンタインが愛の守護神とされたのは、中世ヨーロッパだとされています。最初は、男性と女性がプレゼントや愛のメッセージを交換する日だったようです。

それが、20世紀になってアメリカで、「恋人たちの日」として大々的に普及していったそうです。

では、なぜチョコレートを、プレゼントするのようになったのでしょうか?
これははっきりしたことはわかりません。何でも昭和の初め頃にチョコレート会社が「バレンタインデーにチョコレートなり!」と、宣伝したのが始まりとという説があります。

そうでなく、昭和30年代にデパートで「バレンタインデーにチョコレートを贈ろうよ」というキャンペーンをしたからという説。まぁ、いずれにしてもブームになったのは、昭和50年代というからそんなに古い話ではありません。(人によったら古い話かな?)

その後、ブームはどんどん定着して「義理チョコ」、「ホワイトデー」などが生まれたのは皆さんご存知の通り。ちなみに、聖ホワイトという方がいらっしゃるかどうかは、私にはわかりませんけど・・・

今年のバレンタインデーには、チョコレートもいいと思いますが、あなたならではの手作りケーキを、プレゼントするのもGoodではないでしょうか?

(MCC通信 Vol.4)
Close