ニュースリリース back home
2009.09.08

雪印乳業株式会社
平成21年9月《日本油化学会 第48回年会》
研究発表

「マイクロビームX線回折法によるパーム油含有
ファットスプレッド中の粗大結晶の構造解析」

雪印乳業株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:高野瀬忠明)は、〔「乳」最先端技術の研究および開発〕を重点施策と位置付け、食品・乳製品のおいしさを追求するための加工技術研究を行っております。この研究課題において、ファットスプレッドなどの油脂製品における、物性や組織等の制御について検討してまいりました。

このたび、この研究課題の一環として、広島大学との共同研究により、パーム油を配合したファットスプレッドにおける、粗大結晶の構造および形成機構についての新たな知見が得られました。

この研究成果につきまして、9月10日から愛知県名古屋市で開催される「日本油化学会第48回年会」において下記のとおり学術発表いたしますので、ご案内申し上げます。

※ 粗大結晶の形成は、ファットスプレッドなどの油脂製品における組織劣化の一因と考えられています。

◆ 研究発表概要

演題名 「マイクロビームX線回折法によるパーム油含有ファットスプレッド中の粗大結晶の構造解析」
発表者 上野聡、田中圭、佐藤清隆(広島大学)
田中礼央、塩田誠(雪印乳業株式会社)
発表日時 9月11日(金) 9時15分から

◆ 研究発表内容の要約

原料としてパーム油を使用した場合に見られる粗大結晶の形成機構を解明するために、パーム油を配合したモデルファットスプレッドを調製し、保存中に粗大結晶を生成させ、その構造を放射光マイクロビームX線回折法により解析しました。結晶構造の解析にX線回折法を用いることは一般的ですが、今回採用した手法により、より局所的な結晶構造の情報を得ることができました。すなわち、粗大結晶は、高融点油脂が核となり、周囲に低融点油脂が存在する構造をとっていることがわかりました。さらに、これらの油脂は、パーム油に多く含まれる特定のトリグリセリドから成ることが示唆されました。

今後、この成果をもとに検討を進めることで、マーガリンやファットスプレッドの組織の向上につながる、より詳細な知見の取得が期待できます。

◆ 学会開催概要

日本油化学会 第48回年会
会期 平成21年9月10日(木)〜12日(土)
会場 名古屋工業大学(名古屋市昭和区)
以上
本件に関するお問い合わせ先
雪印乳業株式会社 広報室 広報グループ

TEL: 03-3226-2124  FAX: 03-3226-2150


(C) Copyright: Snow Brand Milk Products Co.,Ltd.All right reserved.