食ナゼ

角餅と丸餅

今年も食べ物の似たものどうしの【ナゼ?】を追求するコラム【食ナゼ】をご愛読ください。

さて、突然ですが、●●さんのご家庭のお雑煮のお餅は角ですか、丸ですか。

実は、東西できっぱりと別れています。
分岐ラインは、松坂、四日市(三重県)、岐阜県西部・福井県・加賀(石川県)を結ぶラインで、東は角餅、西は丸餅です。(一部例外もあります)

さらに、角餅は、煮ると焼くがあります。
煮るのは愛知、静岡などの東海圏と金沢・富山・新潟など。
関東や東北・北海道は焼きます。
角餅圏はすまし汁です。

丸餅も焼くと煮るがあり、奈良と九州の一部では、焼きますが、あとは煮る地方が多いようです。
近畿圏の白味噌、福井・京都北部の赤味噌、さらに山陰の小豆汁、山陽・愛媛・高知・九州はすまし汁圏です。

讃岐高松のように、あんこの入った丸餅に白味噌汁という意表をついたお雑煮もあります。

高松に転勤した、妻は大阪出身、ご主人は関東出身のご家庭のお雑煮はどんなのでしょうね。
亭主関白なら角餅のすまし汁、かかあ殿下なら丸餅の白味噌仕立て、郷に入ればあんこ入り丸餅でしょうか。

お雑煮は、地域の食文化を色濃く残した郷土料理です。
中に入れる具も郷土色豊か。
角か丸か、煮るか焼くか、汁は何かを聞けば、ほぼ故郷を当てることができそうですね。

新年を迎えるにあたり餅をつき、お野菜などの作物とともに神様にお供えして、家族の息災や、豊作をお祈りした後、そのお下がりをお餅とともに煮ていただいたのが「お雑煮」。平安時代から1000年も続く伝統食です。

三が日も過ぎた今、残ったお餅に「とろけるスライスチーズ」を乗せてオーブンで焼き、とろーり餅などいかがでしょうか?
角でも丸でもおいしくいただけます。