食の歳時記
春<6月> 清流の女王 鮎(あゆ)

illust/せいのすけさん

新緑がまぶしい6月。
渓流に銀鱗を躍らせる鮎は清流の女王と呼ばれるのにふさわしい趣があります。

鮎、ヤマメ、イワナなどの川魚は、家庭料理で普段頻繁に食べることはありませんが、キャンプ地や川べりの行楽地で食べる鮎は、登り串に化粧塩、囲炉裏の強火の遠火でじっくり焼かれ、獲りたてを食べることもあってか、初夏の香りとちょっと苦いはらわたの味覚は格別においしく、また、風流ですね。

鮎はスイカのような清涼感がある独特の香りのする魚です。
別名「香魚」とも呼ばれています。

この時期の鮎は、川底の石についたコケ類を食べて成長します。
1m四方ほどの餌場の縄張りを持っています。ここに他の鮎が入ってくると激しく体当たりをして追い払おうとします。この習性を利用したのが「鮎の友釣り」です。生きたおとりの鮎に針をつけて縄張りに入れると体当たりしてきた鮎が針にかかるのです。

全国の河川の鮎釣りの解禁は6月初旬前後です。
また、鵜飼漁は、世界的に珍しい鮎の古式漁法です。
夏の夜の長良川に漁火(いさりび)を灯した鵜飼舟が、川上から流れてくるさまはとても幻想的です。

この時期には、スーパーのお魚売り場でも鮎が売られています。
初夏の清流に思いをはせながら、今夜は、鮎の姿焼でもいかがでしょうか?季節を感じますよ。
(MCC通信 Vol.44)
Close