特別企画!牛乳パックを親子で楽しもう。

特別企画!牛乳パックを親子で楽しもう。

カバかば

難易度:(小学校中・高学年程度)

印刷:
シェア:

おおきな口をあけたカバさん。牛乳パックがユーモラスな動物(どうぶつ)に早がわりです。

使うもの(つかうもの)

ボタン

  • ○牛乳パック(1000ml)2こ

    ※牛乳パックはあらって、かわかしておく。

  • ○牛乳パックや菓子箱などについているバーコード4こ

  • ○カッター

  • ○接着剤(せっちゃくざい)

  • ○マジック

注意
(ちゅうい)
はさみやカッターなどをつかう時は、ケガをしないようじゅうぶん注意してください。
牛乳パックの、屋根(やね)や底(そこ)を切る時は、とても硬(かた)いので、大人(おとな)の人にてつだってもらいましょう。

作り方(つくりかた)

ボタン

  • 1

    牛乳パック1こを開き、図面に合わせて切り取っておきます。

  • 2

    図のように、カーブをつけて切り取り、大きな口を作ります。

  • 3

    屋根(やね)の部分は、そそぎ口を接着剤(せっちゃくざい)でふさぎ、切り込みを入れてしっぽを作ります。

  • 4

    図のように切りぬいて、足を作ります。内側(うちがわ)に〈1〉で切り取った〈B〉をはって、補強(ほきょう)します。
    ※カバの足ってどんなカタチ? 図鑑(ずかん)などを参考(さんこう)にしてみよう。

  • 5

    写真のように、〈1〉で切り取った〈A〉を口の部分に、接着剤ではり付けます。
    ※カーブによって、〈A〉の長さが変わります。口の大きさに合わせて、調節(ちょうせつ)してください。
    ※接着面が少ないので、多めに接着剤を使い、輪ゴム(わゴム)などでとめて、乾くまでしばらくおいておきましょう。

  • 6

    白目は、図のように切りこみの部分を丸めるようにして重ね、ホチキスでとめます。黒目は、ホチキスの針が見えないようにはり付けます。

  • 7

    胴体(どうたい)に、目、耳、鼻(はな)をはり付けます。

  • 8

    バーコードの線を縦(たて)にして、くるくると巻き(まき)ます。
    図のように、口の中にはり付けます。

  • 完成

※この工作は、神奈川県寒川町在住の磯崎功様のアイデアを参考にしました。