特別企画!牛乳パックを親子で楽しもう。

特別企画!牛乳パックを親子で楽しもう。

ヒコーキ&カタパルトひこーきあんどかたぱると

この作品を動画で見る

難易度:(小学校中・高学年程度)

印刷:
シェア:

大空に向けて、飛行機(ひこうき)を飛ばしてみよう。

使うもの(つかうもの)

ボタン

  • ○牛乳パック(1000ml) 2こ

    ※牛乳パックはあらって、かわかしておく。

  • ○竹ぐし10cm

  • ○輪(わ)ゴム4こ

  • ○定規(じょうぎ)

  • ○はさみ、またはカッター

  • ○ガムテープ(布製)

  • ○ホチキス

  • ○接着剤(せっちゃくざい)

  • ○ゼムクリップ

  • ○千枚通し(せんまいどおし)

注意
(ちゅうい)
はさみやカッター、千枚(せんまい)どおしなどをつかうときは、ケガをしないようじゅうぶん注意してください。

作り方(つくりかた)

ボタン

  • 1

    牛乳パックを、のりしろ部分から開きます。
    牛乳パックに図面を書き写し、ていねいに切り取ります。

  • 2

    主翼(しゅよく)を作ります。
    主翼〈G〉に、キャンパー(わん曲)をつけます。
    〈A〉もわん曲させて、〈G〉の先端にはります。
    〈F〉に上反角(じょうはんかく)をつけて、〈G〉の中央にはります。
    ※指先で、しごくように、わん曲させます。

  • 3

    機体(きたい)を作ります。
    〈D〉を谷折にして、〈B〉の芯を入れ、先端にゼムクリップを入れて、接着します。
    数か所をホッチキスでとめて、固定します。

  • 4

    図のように、〈C-1〉、〈C-2〉を〈D〉の機体の機首(きしゅ)部分にはり合わせます。

  • 5

    フックを作ります。
    図のように加工したゼムクリップを、〈D〉の穴に差し込んで、接着(せっちゃく)します。
    機体の強化(きょうか)のため、先端(せんたん)に、ガムテープ(布製)を巻き付けます。

  • 6

    垂直尾翼(すいちょくびよく)に、水平尾翼(すいへいびよく)〈E〉を取り付けます。
    お互いの切込みを合わせて差し込み、接着します。

  • 7

    機体と主翼をはり合わせます。

  • 8

    機体の調整をします。
    主翼のほぼ中央で、前後のバランスが取れるように、重心を確認(かくにん)します。
    ※ピンセットなどで写真のように持ちます。ガムテープの巻き具合で調整してください。

  • 9

    機首の前方から見て、機体のねじれや、上反角、尾翼が水平かを確認して、調整します。

  • 10

    カタパルト(発射台(はっしゃだい))を作ります。
    残りの牛乳パックに、図のように切り込みを入れ、左右に穴を開けます。

  • 11

    竹ぐしを13cmに切って、穴に通します。
    2本の輪ゴム(わゴム)をつないで、竹ぐしにかけます。

  • 完成

    カタパルトの輪ゴムに、機体のフックをひっかけて、飛ばします。
    上手に出来ると、かなり勢い(いきおい)よく、遠くまで飛ぶので、公園(こうえん)などの、広い場所で遊びましょう。
    ヒコーキ&カタパルトできあがり

注意
(ちゅうい)
広い場所で遊びましょう。危険(きけん)ですので、絶対(ぜったい)に、人に向けて発射(はっしゃ)させてはいけません。

※この工作は、東京都小平市在住の小林正人様の作品を参考にしました。