特別企画!牛乳パックを親子で楽しもう。

特別企画!牛乳パックを親子で楽しもう。

パタパタフクロウぱたぱたふくろう

この作品を動画で見る

難易度:(小学校中・高学年程度)

印刷:
シェア:

羽(はね)をパタパタと回しながら、少しずつ落ちてくるふくろうの姿がユーモラスです。

使うもの(つかうもの)

ボタン

  • ○牛乳パック(500ml・1000ml)1こずつ

    ※牛乳パックはあらって、かわかしておく。

  • ○わりばし

  • ○タコ糸1.5mくらい

  • ○5円玉3こ(重り用)

  • ○はさみ、またはカッター

  • ○千枚通し(せんまいどおし)

  • ○セロテープ

  • ○接着剤(せっちゃくざい)

注意
(ちゅうい)
はさみやカッター、千枚通し(せんまいどおし)などをつかう時は、ケガをしないようじゅうぶん注意してください。

作り方(つくりかた)

ボタン

  • 1

    500mlの牛乳パックの屋根(やね)を広げます。ここから手を入れて糸を巻き(まき)つけたりします。

  • 2

    底(そこ)の中心に、タコ糸を通す穴(あな)をあけます。側面(そくめん)の両側(りょうがわ)には、底から4cm、左右3.5cmのところに、わりばしが通る穴をあけます。
    ※千枚通し(せんまいどおし)で穴をあけてから、はさみの先をねじ込んで、ぐるぐる回すと穴が広がります。

  • 3

    1000mlの牛乳パックをひらき、左の図のように、羽、足、目、くちばしを切りぬきます。
    羽の先は、おれ曲がるように切り取りましょう。

  • 4

    タコ糸の端(はし)に5円玉を1こ結び(むすび)ます。底の穴からタコ糸を通し、わりばしに1回巻きつけます。タコ糸のもう一方には、5円玉を2こ結び、重りにします。

  • 5

    わりばしの先に羽をはって、セロテープで補強(ほきょう)します。
    ※ふくろうが下にさがると、わりばしが左右どちらかにに移動(いどう)します。羽をつけるときは、5cm以上の余裕(よゆう)を持たせた位置(いち)につけましょう。

  • 6

    写真のように屋根に切り込みを入れて、セロテープではり付けます。

  • 完成

※この工作は、東京都小平市在住の小林正人様の作品を参考にしました。