特別企画!牛乳パックを親子で楽しもう。

特別企画!牛乳パックを親子で楽しもう。

ぽんぽん船ぽんぽんせん

この作品を動画で見る

難易度:(大人と一緒に作ろう)

印刷:
シェア:

アルミパイプの中で、温(あたた)められた水が噴出(ふんしゃ)して進(すす)みます。

使うもの(つかうもの)

ボタン

  • ○牛乳パック(500ml)2こ

    ※牛乳パックはあらって、かわかしておく。

  • ○竹ぐし1本

  • ○アルミパイプ(4mm以下のパイプ)1mぐらい

    ※大型の模型屋さんで扱っています

  • ○ロウソク

  • ○はさみまたはカッター

  • ○千枚(せんまい)どおし

  • ○単2電池(でんち)

注意
(ちゅうい)
火を使うので、必ず大人のひとと一緒(いっしょ)に遊(あそ)びましょう。
はさみやカッター、千枚(せんまい)どおしなどをつかうときは、ケガをしないようじゅうぶん注意してください。
牛乳パックの、屋根(やね)と底(そこ)を切るときは、とても硬(かた)いので、大人(おとな)の人に、てつだってもらいましょう。

作り方(つくりかた)

ボタン

  • 1

    牛乳パックは、縦(たて)4.5cmの高さに切ります。
    底(そこ)に穴(あな)を2cmの幅(はば)で、2つあけます。

  • 2

    もう1この牛乳パックの底を、高さ5mmのところで切り取ります。
    竹ぐしを1cmの長さに2本切り、後からさして、接着(せっちゃく)します。

  • 3

    アルミパイプを単2の電池(でんち)を使って、グルグルと巻(ま)いていきます。
    ※力加減(ちからかげん)が難(むずか)しので、アルミパイプが折れたりつぶれたりしないように、注意(ちゅうい)しましょう。難しいようだったら、大人の人にやってもらいましょう。

  • 4

    〈1〉の穴に〈3〉のアルミパイプを通して、〈2〉のロウソク台と、ロウソクをのせます。ロウソクの真上(まうえ)に、コイルがくるように、ロウソク台を前後(ぜんご)に動かして、調整(ちょうせい)します。
    ※竹ぐしを差して、パイプがずれないようにすると、高さの調整がやりやすくなります。

  • 完成

    アルミパイプの片方に、口に含んだ水を反対側から水が出てくるまで、吹き込みます。アルミパイプの先から水が出ないように、素早く指でおさえたら、水面にそっとおきます。ロウソクに火をつけると、パイプの中の水が温まって動きだします。
    ※風の強いところや水の流れのあるところでは、うまく走りません。できるだけ静かな水面で走らせよう。