特別企画!牛乳パックを親子で楽しもう。

特別企画!牛乳パックを親子で楽しもう。

くるくるげきじょうくるくるげきじょう

難易度:(大人と一緒に作ろう)

印刷:
シェア:

とっても楽しい牛乳パックのミニミニ劇場(げきじょう)。いろんなお話しを作ってみんなに見せよう。

使うもの(つかうもの)

ボタン

  • ○牛乳パック(500ml)1こ

    ※牛乳パックはあらって、かわかしておく。

  • ○紙(はば6.5cm、長さは20cm~80cm)

  • ○カッター

  • ○千枚(せんまい)どおし

  • ○はりがね(ふとさ2mm、長さ15cm)2本

  • ○セロテープ

  • ○ホチキス

  • ○ラジオペンチ

注意
(ちゅうい)
はさみやカッターなどをつかうときは、ケガをしないようじゅうぶん注意してください。

作り方(つくりかた)

ボタン

  • 1

    牛乳パックの胴体(どうたい)部分を図のように切り取ります。

  • 2

    図の部分に千枚(せんまい)どおしではりがねの穴(あな)を2か所あけます。反対側(はんたいがわ)にも同じように穴を2か所あけます。

  • 3

    はば6.5cmの紙に絵をかきます。
    ※青色の部分はかくれてしまうので、白い部分にかきましょう。

  • 4

    2本のはりがねをそれぞれ図のように曲(ま)げておきます。

  • 5

    4のはりがねを図のように穴(あな)にとおします。

  • 6

    牛乳パックの上部から3の紙を入れ、下のはじを下のはりがねにはさんでセロテープでしっかりととめ、もういっぽうも上のはりがねに同じようにとめます。
    ※紙とはりがねはしっかりととめてください。

  • 7

    はりがねの先を図のようにL字形に曲(ま)げ、適当(てきとう)な長さでラジオペンチでカットします。
    牛乳パックの屋根(やね)をホチキスでとめます。
    下の写真のようにはりがねのハンドルとストッパーにゴムをつけると、まわしやすく、また空(から)まわりしにくくなります。

  • 完成

※この工作は、木、花はじき、紙、身近な素材で創作活動をされている京都府綴喜(つづき)郡井手町在住のおもちゃ作家、木あそび・西井儀彦(よしひこ)様のオリジナル作品「くるくるげきじょう」を掲載しました。