ミルクの雑学
ドイツ生まれ、オランダ育ち(ホルスタイン)
あの白黒まだらの乳用牛の正式な名前は、「ホルスタイン・フリーシアン」といいます。
もっとも乳量の多い品種です。
日本では、省略して「ホルスタイン」と呼ばれています。
ホルスタイン種の原産地は、ドイツ北部のホルスタイン地方と言われていますが、品種改良されて乳牛として確立したのがオランダの北部、北海に面したフリースランド地方です。
生まれ育まれた二つの地方の名を冠した「ホルスタイン・フリーシアン」は、その後、ヨーロッパ各地に、アメリカに。そして日本へと世界各地で飼育されるようになりました。
Close