知る・楽しむ広場

ミルクの雑学

牛のげっぷに税金?

牛や羊などの反すう動物は、牧草などの植物のセルロースを、胃の中の酵素やバクテリアの助けを借りて消化しています。そのときに生じたガスが、げっぷとなって口から放出されます。このげっぷの中身がメタンガスと二酸化炭素。実はどちらも地球温暖化の要因となるものなのです。なんと地球のメタンガスの全排出量の約2割は、こうした反すう動物のげっぷだそうです。羊の数が約3千1百万頭、牛が約6百万頭(2011)という酪農王国ニュージーランドでは、牛や羊のげっぷに税金をかけようと協議されたこともあるとか。今、世界各国でげっぷを出さない飼料などの研究が、進められているそうです。

このページのトップへ