知る・楽しむ広場

ミルクアカデミー 牛乳研究室

牛乳パックのリサイクル

牛乳の90%以上が紙パックで売られていて、国内で年間100億個、一人当たり77個の紙パックが使われていることになるそうです。飲み終わった紙パックは大切な資源として、現在約3割がリサイクルされています。捨てればゴミ、生かせば資源。一人ひとりが意識を持って、もっともっとリサイクル率を高めていきたいものです。

枝や端材から作られる牛乳パック

牛乳の紙パックは、主に北米や北欧の針葉樹を原料にして作られています。これらの地域は森林管理が行き届き、森林面積は増加傾向にあります。紙の原料になるのは幹の上部の枝や、製材過程で除かれる外周部分や端切れ、おがくずなど。用材に適さない残材を無駄なく使ってできているのです。

枝や端材から作られる牛乳パック

洗って、開いて、乾かしてリサイクル

牛乳パックに「洗って開いてリサイクル」の表示があるのは知っていますか?
牛乳パックを分別回収に出すときには、「洗って、開いて、乾かして」が基本です。コンパクトにまとめることで、かさも減り、効率よい運搬が可能になります。また、牛乳パックは、紙をポリエチレンで挟みこむことで防水性を高めています。この容器構造のため、他の古紙と分別回収する必要があるのです。

識別マーク 標語 展開図 容器構造

牛乳パック(1000ml)6枚で、トイレットペーパー1個に

牛乳パックは、トイレットペーパーやティッシュペーパー、キッチンペーパーなどに生まれ変わっています。たとえば、1000mlの牛乳パック6枚がトイレットペーパー1個に変身します。その量はトイレットペーパーで換算すると実に年間2億個分を超えるそうです。ぜひ、牛乳パック回収にご協力いただくのとあわせて、「牛乳パック再生紙」と表示された商品の積極的なご利用もお願いします。

このページのトップへ