ミルクサイエンス研究所 Milk Science Institute

社会への貢献

特定のアミノ酸の制限が必要なお子様のために ―特殊ミルクの製造と供給―

特殊ミルクは、生まれながらにしてアミノ酸などの代謝が十分にできない方のために使用される粉ミルクです。赤ちゃんは生まれてすぐに血液検査を受けます。フェニルケトン尿症などの代謝異常が発見されると、疾患に応じて、医師の指示のもと特殊ミルクが与えられます。特殊ミルクは、通常のミルクや食事と合わせて使用し、症状改善のために食事療法として使用されます。
雪印メグミルクでは前身の雪印乳業の時代を含め、50年以上前から特殊ミルクの製造を行なってきました。現在は、埼玉県川越市にあるミルクサイエンス研究所に2013年に新設した医薬品工場にて、厳格な品質管理のもと、特殊ミルクの製造を行なっています。
特殊ミルクの供給は、当社が果たして行くべき社会的責任と認識し、今後も品質の確保と安定供給に努力し、患者様が特殊ミルクを用いた食事療法を安心して続けられるように取り組んでいきます。

特殊ミルクの安定供給のため建設した
新医薬品工場の竣工式

製造棟外観

北海道包括連携協定 北海道ナチュラルチーズ製造レベルアップ研修の実施

北海道との包括連携協定「酪農の振興に関する事項」に基づき、2008年より北海道庁が主催する「北海道ナチュラルチーズ製造レベルアップ研修会」に協力しています。チーズ製造技術の普及に協力することを目的として、道内各地のチーズ作りを目指している方々を対象としたナチュラルチーズ製造研修を当社チーズ研究所で開催するなど、講師の派遣や施設の提供などの協力を行なっています。
また、道内高校でチーズ製造に関わる特別授業を実施するなど、道内の人材育成への協力も行っています。
今後も北海道の酪農基盤の強化と酪農・乳業の発展に貢献すべく、これらの取組みを継続していきます。

このページのトップへ