2016年4月 ランチボックスで楽しむ【チーズプラトー】:チーズクラブ

チーズクラブ

チーズプラトー cheese plateau

監修:山本恵美子
雪印メグミルク社員向け「チーズアカデミー」運営担当
フランスチーズ鑑評騎士会員

4

今月のプラトー

ランチボックスで楽しむ

ランチボックスで楽しむ

春風心地よい季節となりました。
屋外や旅先への移動列車で、手軽につまんで楽しめるランチボックスはいかがでしょう。
※チーズは要冷蔵品です。野外への持ち運びの際には、保冷剤等を必ずご使用下さい。

  • 今月の使用したチーズ
  • 使用したナイフ

今月の使用したチーズ (左から)

その他の材料

  • <マスカルポーネを使用したサンドイッチ用>
    ・ビーツ …100
    ・グリンピース …100g
    ・顆粒ゼラチン …5g(各2.5g)
    ・食パン …適宜 *食パンは8枚切り
    ・食パン全粒粉入り …適宜 *食パンは8枚切り
    ・食パンライ麦入り *食パンは8枚切り
    ・塩・胡椒 …適宜
  • <カマンベールを使用したサンドイッチ用>
    ・ピスタチオ …適宜
    ・レモンジャム …適宜
    ・食パンライ麦入り *食パンは8枚切り
  • ・アーモンド …適宜
  • ・セミドライいちじく …適宜
  • ・ラディッシュ …適宜
  • ・メロン …適宜
  • ・タイム …適宜

使用した道具(右から)

  • クロタンナイフ
  • ・芯抜き器
  • ・ハンドリナー
  • ・クッキー型
  • ・くり抜き器
  • ・"ジェラール ミニカマンベール"
    のプラスティックケース *画像なし
  • ・ストロー *画像なし
  • ・ポリ袋 *画像なし

チーズの費用

  • 4品 1,000〜2,000円(時価)
  • 3人向き

「ジェラール ミニカマンベール」は、サンドイッチにアレンジ。
ライ麦パンとレモンジャムを”カマンベール”でサンドしました。
トッピングにはピスタチオを。

<手順>
1.カマンベールを半分にカットします。
2.ライ麦パンはカマンベールのプラスチックケースを利用し、丸型に抜きます。
  さらにパンの中心を芯抜き器で丸型にくり抜きます。
3.カットしたカマンベール下半分の上にライ麦パンをのせます。
4.ライ麦パンの中心にレモンジャムを詰めて、上半分のカマンベールをのせて、完成です。
ゴルゴンゾーラ”は、キューブ状にカットしセミドライいちじく、アーモンドをトッピング。いちじくの甘さと香ばしいアーモンドが相性よく重なります。
「雪印北海道100 さけるチーズ バター醤油味」はラディッシュと合わせました。
ラディッシュを上部1/3切り落とし、中心にストローで穴を空け、さいたさけるチーズを詰めます。
彩りにラディッシュの葉も一緒に。
「雪印北海道100 マスカルポーネ」は、カラフルな3種のお花型サンドイッチに。
赤→ビーツ
緑→グリーンピース
白→ミルクの味わいそのままに
 (アレンジなし)
彩りにタイムを添えて。
メロンを添えて。
お好みで季節のフルーツを楽しんでみてはいかがでしょう。
緑茶と合わせました。
アルコールならスパークリングワインやフルーティーな白ワイン、軽めの赤ワインと楽しんでみてはいかがでしょう。
アレンジについて

「雪印北海道100 マスカルポーネ」のサンドイッチ

1.パンを花形で抜き、半分(上に重ねる部分)は中心に穴を空けます(芯抜き器使用)。

2.
○ビーツ
茹でたビーツを小さくカットし、粗熱を取った後、ゼラチン(2.5g)と一緒にフードプロセッサーにかけ、塩・胡椒・マスカルポーネと合わせる。

「雪印北海道100  マスカルポーネ」のサンドイッチ

○グリーンピース
茹でたグリーンピースを冷水にさらした後、ゼラチン(2.5g)と一緒にフードプロセッサーにかけ、塩・胡椒・マスカルポーネと合わせる。

3.2.のマスカルポーネのアレンジ、マスカルポーネをそれぞれポリ袋に入れ、角に切り込みをいれて中心に穴を開けていないパンの上に絞ります。
その上に、穴を開けたパンを重ね、完成です。

アレンジについて

「雪印北海道100 さけるチーズ バター醤油味」とラディッシュ

「雪印北海道100 さけるチーズ バター醤油味」とラディッシュ

フランスでは「ラディッシュとバターの組み合わせ」が定番なのだそう。 それをヒントにアレンジしました。
ラディッシュのみずみずしさと鮮やかな赤がアクセントに。チーズの乾燥防止にも効果的です。