チーズのプロ Fromager vol.28
日本酒とチーズを楽しむ

~チーズのプロ Fromager~

チーズのプロ Fromagerがおすすめする、とっておきのチーズの楽しみ方をお届けします。

「日本酒×チーズ」日本酒の個性に合わせたマリアージュのご紹介

すっきりした味わい(爽酒) × フレッシュタイプ

カッテージチーズの爽やかな味わいが、酒粕の旨みを引き立てます。

手順:
カッテージチーズは、キッチンペーパーで軽く水分を吸い取り、酒粕にのせトースターでこんがり焼いて出来上がり。
目安:
200℃ 5分

ふわっとした食感が食欲をそそる、こんがり焼くことでコクが増し、心地よく溶け合います。

手順:
「クリームチーズ」を酒粕にのせトースターでこんがり焼いて出来上がり。
目安:
200℃ 5分
  • トースター、オーブンレンジのW数などの機能により、加熱時間を加減してください。

フルーティーな味わい(薫酒) × ハードタイプ

ペコリーノ・ロマーノの旨みと塩味が、枝豆の甘さを引き立てます。

手順:
茹でた枝豆をペースト状にし、「雪印北海道100 クリームチーズ」を加え、ひとくちサイズのボールを作ります。
左:ペコリーノ・ロマーノを削り、まぶす。
削ることで口溶けよく、枝豆とバランスよく重なります。
右:スティック状にカットし添える。
チーズがアクセントとなり、枝豆の甘みの余韻が楽しめます。
目安:
茹でてさやから取り出した枝豆100gに対し、「雪印北海道100 クリームチーズ」20g

コクのある味わい(醇酒) × 青カビタイプ

ピーナッツの香ばしさがアクセントとなり、ブルードーヴェルニュのコクとみそピーナッツの甘みがそれぞれの個性を引き立て合います。

少しの工夫で心に残る美味しさを。
旨みを引き出し合う日本酒との相性をご堪能ください。

関連マガジン

他のチーズマガジンを読む

チーズのプロ Fromager

Fromager : 山本恵美子
フランスチーズ鑑評騎士 オフィシエ
(シュヴァリエ・デュ・タストフロマージュ)
ギャルド・エ・ジュレ
(ギルド・アンテナショナル・デ・フロマジェ)
チーズQ&A

チーズQ&Aを見る

この記事をみんなに教える