From Fromager vol.9「チーズをおめかし」

~From Fromager~

Fromagerがおすすめする、とっておきのチーズの楽しみ方をお届けします。

パーティーシーズンのおもてなしに、ちょっとしたおめかしアレンジの紹介です。

素材にぽてっとのせて

雪印北海道100 マスカルポーネ」をいちごにぽてっと絞り出して。「マスカルポーネ」は、生クリームのように泡立てる手間なしで、さっぱりしたミルク感が楽しめます。いちごの酸味と甘味が、「マスカルポーネ」の繊細なミルクの風味を引き立てます。
デザートのフルーツが一気に可愛いらしく変身です。
☆ポイント:絞り袋が無くても、ジッパー付き保存袋の角を1cmほどカットし、「マスカルポーネ」を入れて絞り出せます。

ざっくり盛り合わせて

つまみやすさが魅力の「雪印北海道100 芳醇ゴーダ クラッシュ」は、ナッツと一緒にざっくりと盛り合わせて。ローリエを添えて。

チーズの形状を活かして

「ラングル」の特徴のフォンティーヌ(泉)と呼ばれるくぼみに、白ワインに漬けたドライレーズンとドライオレンジをのせて。ドライレーズンのほのかな甘味がチーズを引き立てます。シャンパンを合わせて。

カットで美しく魅せて

薄くスライスすればするほど旨みが引き立つ「ミモレット」。鋭角にカットしてアートを意識した盛り付けに。アクセントにお花を添えて、テーブルが一気に華やぎます。

彩り豊かに

青カビの美しい「ロックフォール」は、フルーツを添えて彩り豊かに着飾って。マスカット・いちじくのみずみずしさが、「ロックフォール」のほろっとした組織・旨み・塩味に重なり、味わいの変化を楽しめます。
小さなお皿に個別に盛り合わせて、立食パーティーやビュッフェでも喜ばれます。

少しの工夫で心に残る美味しさを。のせて、合わせて、彩り豊かに魅せて、楽しみながらのアレンジで素敵なパーティーに♪

関連マガジン

他のチーズマガジンを読む

From Fromager

Fromager : 山本恵美子
フランスチーズ鑑評騎士 オフィシエ
(シュヴァリエ・デュ・タストフロマージュ)
ギャルド・エ・ジュレ
(ギルド・アンテナショナル・デ・フロマジェ)
チーズQ&A

チーズQ&Aを見る

この記事をみんなに教える